プチ糖質制限でダイエットを長続きさせよう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

2018年1月12日

まずは炭水化物の制限からはじめよう!

糖質制限と聞くと糖質をなるべく摂らずに行う過酷なダイエットのイメージがあるかもしれません。好きな食べ物を制限することで少なからずストレスがかかることから、なかなか長続きせずに失敗に終わってしまうこともしばしば…。そこで今回おすすめしたいのが、プチ糖質制限ダイエットです。例えば白米を150g食べたとすると約55gの糖質を摂取することになります。厳しい糖質制限ダイエットの場合、白米は完全にアウトと考えますが、プチ糖質ダイエットは1日に最低1回は白米を食べます。厳しく制限しなくても量を減らすだけで効果が期待できるからです。

食べる量を工夫してゆるい糖質制限をしよう

糖質を含む炭水化物を摂取する際は量に気を付けましょう。本来の糖質制限ダイエットでは食べないほうが良いとされる白米・パン・麺類を食べる場合は、一人前の量を食べるのではなく半人前を食べるようにすることが、プチ糖質制限ダイエットのポイントです。炭水化物を減らす代わりに、肉や魚、野菜といったおかずになるものをたくさん食べるようにしてください。ただし、さつまいもやじゃがいも、かぼちゃなどの糖質が多いとされるおかずはさけるようにしましょう。炭水化物減らすだけでもプチ糖質制限ダイエットの効果を期待できますからね。

プチ糖質制限ダイエット中は間食にも要注意…

いくらプチとはいえ、ダイエット中であればあまり食べないほうが良いとされる食べ物や飲み物を紹介します。油をたくさん使っている上に添加物がたっぷり入ったファーストフードや、スナック菓子、炭酸飲料などはできる限り摂取しないようにしてください。ファーストフードやお菓子はダイエットに関係なく身体にいい食べ物とはいえないため、過剰摂取は控えるようにいわれています。また、炭酸飲料には人工甘味料や糖分がたっぷり含まれていますので、何気なく口にする間食にも気を使うべきといえるでしょう。

プチ糖質制限を成功させる鍵は運動にあり!

プチ糖質制限ダイエットで無理なく痩せたいとお考えの場合は、ぜひ日常生活に運動を取り入れるようにしてください。無理してジムに通ったり、長時間走る必要はありませんので、まずはすぐに始められる簡単な運動からはじめましょう。例えば通勤中にエレベーターやエスカレーターを使っていた場合は、階段を利用するようにしたり、ヒールをよく履く女性であれば週に2回くらいはスニーカーを履く日を作って一駅分歩いてみたらいかがでしょうか?身近なところでも、工夫ができますので、まずは自分の生活に身体を動かすことを取り入れることができないか考えてみてくださいね。