皮膚のたるみを防ぐダイエットの方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

2018年1月18日

皮膚の再生スピードに合わせてダイエットをする

皮膚のたるみの原因は、ダイエットで急激に痩せることにより、脂肪の燃焼スピードに皮膚の縮みスピードがついてゆかず、皮膚だけが余ってしまうからです。たるみをつくらないためには、少しずつ脂肪を燃焼することで皮膚も同じように少しずつ小さくさせ、皮膚の再生スピードに合わせてダイエットを行うことです。このように皮膚の再生力とハリを保ちながら、焦らずにダイエットのペースを守ることが大切です。皮膚の再生するスピードは4ヶ月から半年程といわれています。そのため、ダイエットも半年くらいの期間を目安に行うといいでしょう。

適度な運動で肌を引き締める

運動は脂肪を燃焼するだけでなく、筋肉を刺激し体を引き締めることで皮膚も引き締めてくれます。そして、落ちた脂肪の代わりに運動によってつくられた筋肉が体の内側から皮膚を包んでくれるので、たるみを防ぎます。また、運動をして血行が良くなると新陳代謝が上がり、皮膚の再生能力も保てます。運動は、長く気軽に続けられることが大前提なので、早く体を引き締めたいからと普段運動しない人がジョギングやエアロバイクなど激しいスポーツをはじめる必要はありません。ウォーキングやヨガなど、無理のない範囲で心地よく運動できるようにしましょう。

栄養バランスの採れた食事を続ける

肌をつくる成分は、食材の栄養素から成り立ちます。食事が偏っていると、栄養不足で皮膚のたるみを促してしまうのです。食事量を極端に減らさなくても、摂取カロリーを意識してバランスの取れた食事なら、健康的な体や肌をつくります。積極的に摂りたいのは皮膚のコラーゲンの生成に必要なビタミンCと鉄分です。ビタミンCはキウイフルーツやイチゴ、キャベツやブロッコリーなどのフルーツや野菜に多く含まれ、鉄分はレバーや小松菜、ひじきなどに含まれています。ダイエット中は野菜ばかりでなく肉や魚、豆腐などのタンパク質も取り入れてバランスいい食事をしましょう。

体重よりも肌の様子や見た目を気にする

体重ばかり気にとられて、一喜一憂していると、体の変化に気付きにくくなります。顔色や皮膚のハリの様子で体の健康が分かるものです。運動を続けている人は脂肪が筋肉に変わり、体重の変化はあまりありません。体重は脂肪よりも重いので、運動を始めたばかりの頃は体重が増えてがっかりするかもしれませんが、見た目的には体が引き締まっているはずです。全身が映る鏡で、脂肪がつきやすいお腹や太ももの変化をチェックしましょう。半年くらいの期間をかけてのダイエットは体の変化がなだらかですが、自然に痩せて肌が綺麗になっていくとさらに自信が持てますね。