小麦はダイエットの敵?グルテンフリーの食材で痩せやすい体をつくろう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年1月31日

グルテンの摂り過ぎに警笛!

小麦を使った料理は、美味しくてカロリーが高いものばかり。パスタやパンを、太りやすい食材と認識する方も多いと思います。小麦にはたんぱく質の仲間と呼ばれる「グルテン」が含まれているのですが、グルテンの摂り過ぎは私たちの体に様々なデメリットを生じさせます。過剰に摂取することで小腸が炎症し、肥満や肌荒れ、生理不順などを引き起こしてしまうのです。ただ太るだけではなく、健康面にまで悪影響を与えてしまう点がグルテンの怖いところ。美味しいものが体に悪いという表現は、グルテンが起因していると言っても過言ではないのです。

小麦中心の食生活はグルテン過敏症の原因に

ご存知かもしれませんが、グルテンはうどんや餃子の皮、カレールーなどにも含まれています。また、クッキーやケーキなどのスイーツにもグルテンが含有。そして最も危惧すべきは、これらが食生活の主流となりグルテン過敏症になってしまうことです。グルテンは中毒性があると言われており、特にグリアジンと呼ばれる小麦は食欲を旺盛にし、より小麦製品を食べたくなる衝動を呼び覚ましてしまいます。そして日本はグルメの国と呼んでも過言ではなく、私たちの食欲を刺激するメニューがたくさん。グルテン過敏症になるきっかけは、予想以上に多いと言えます。

お米はグルテンフリー

小麦を好む方にとって、最初から小麦抜きを徹底させることは至難の技。そしていくらグルテンが体に悪いとは言え、パンなどを全く口にしないとなるとストレスになってしまいます。ダイエッターにとって、ストレスはダイエットの弊害。グルテン過敏症でない限り、嗜む程度であれば口にしてOKです。そして、グルテンフリーの食材と言えばお米。小麦は様々なアレルギーを発症しやすいと言われていますが、お米はグルテンフリーかつアレルギーの心配も皆無です。さらに和食中心のヘルシーな食生活を心がけることで、痩せやすい体質を作ることができます。

簡単!グルテンを使わないピザレシピ

ここからは、グルテンを使用しないれんこんピザのレシピをご紹介します。まず、小さじ一杯分のオリーブオイルをフライパンで温めます。レンコン150gを敷き詰め蓋をしたら、中火で4分ほど焼いてください。こんがりと焼けたら裏返し、オイスターソース小さじ半、マヨネーズ小さじ一杯分を混ぜたものを生地全体に塗ります。少量の塩と胡椒をふったら、ウインナーとピザ用チーズ20gをのせ蓋をしましょう。最後に、中火で4分ほどこんがりと焼いたら完成です。レンコンは皮を剥き、薄くスライスして調理することをお忘れなく。ウインナーは、1本分を厚さ3mm程度に斜め切りしてください。