グルテンフリー生活でさわやかな生活を取り戻そう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

2018年3月29日

グルテンフリーダイエットの起源

グルテンフリーダイエットが、アメリカを始め世界中で行われています。そもそもグルテンフリーとはなんでしょう?それは、小麦粉などに含まれるたんぱく質の主成分である、グルテンをカットした食事のことです。最初はグルテンによるアレルギー体質や代謝不良を起こしてしまう人のために考案された食事療法だったものが、ダイエットにも効果的ではないかと推奨され「グルテンフリー」食品が販売されるようになり、世界的に広まりました。

現在は日本のスーパーや通販でも購入可能です。食材も販売されているので、レシピのレパートリーも増えますね。

イライラも眠気もグルテンが犯人?

食後とても眠くなってしまう人は、食事に含まれる糖分が多いからという説があります。グルテンは体内で糖に変わるスピードが、他の食材に比べて早いのです。砂糖に次いで血糖値の上昇速度があるとされています。血糖値の急激な上昇は眠気をもよおすことがあるのです。糖質を摂り過ぎたときに、高血糖(摂取した糖質を体内で処理できなかった状態)になり、その結果強い眠気に襲われたり、人によっては気持ちが不安定になって「イライラする」「ネガティブな考えばかり浮かぶ」ということもあり得ます。小麦粉に含まれるグルテンに、体が敏感に反応していると考えて良いでしょう。

効果的なグルテンフリーダイエット方法

グルテンフリーダイエットを決意したのであれば、グルテンを含む食材をすべてカットすべきと考えてしまう人もいます。スーパーでは絶対にグルテンフリー食材を買い求める、そんな姿勢が、素早い成功を呼ぶと信じて。ところが、それはなかなか難しいものです。グルテンフリー食材には限りがあること、厳密にやるとコストがかかってしまうこと、自炊中心になってしまうことなどの問題点があります。ここで陥るのがマンネリ状態ですね。そこでリバウンドを起こしやすくなってしまうので、意識的にグルテンフリーを取り入れつつ、運動も組み合わせてみてください。

楽しい運動も取り入れて!

適度にストレッチや有酸素運動を取り入れるとさらに効果的です。食事系ダイエットを行うときに「食べ物を制限しているのだからすぐ痩せるはず」という人は多いのですが、あまり効率的とは言い難い方法でもあります。運動を取り入れればダイエットに複合的な効果があるので良いですね。体を動かすのが好きではないというタイプは、音楽をかけながらエクササイズをするなど「運動を楽しくする工夫」をしましょうね。かっこいいスポーツウエアをそろえるとか、アロマをたきながらヨガをするなど、気持ちを上げるのもダイエットに効果的です。