ダイエットの強い味方!ピーナッツで健康生活

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

ピーナッツは太る、ニキビができる、は本当?

ピーナッツを食べてニキビができる、そんな噂を信じてピーナッツを敬遠している人、それってとても損しているかも、、、。その噂、実は医学的には根拠がないとされています。それどころか逆にピーナッツには美肌効果が期待できるビタミンEやビタミンB2、食物繊維が多く含まれていて、肌のトラブルに優れた予防効果があるんです。さらに、ピーナッツは糖質制限ダイエットには欠かせない低GI値食品でもあり、ダイエットの強い味方でもあります。ただカロリーは100g当り約580kcalとちょっとお高め。食べ過ぎは禁物です。それではダイエットに効果的で健康的なピーナッツの食べ方をご紹介しましょう。

STEP1

ステップ1のイラスト

1日の食べる量は20から30粒程度が良いでしょう。間食時に毎回10粒程度を良くかんで食べます。水分も一緒に摂るとより満腹効果が得られてダイエットに効果的です。

STEP2

ステップ2のイラスト

同じ食べるのであれば、断然薄皮付きのものがお勧めです。薄皮にはポリフェノールが豊富に含まれています。このポリフェノールには強い抗酸化作用があり体の老化や病気の原因となる活性酸素を取り除いてくれる働きがあります。

STEP3

ステップ3のイラスト

間食だけでなく一工夫して食事に取り入れるもの良いです。皮付きのピーナッツを砕いて塩コショウ、オイルと混ぜてドレッシングにしたり、ミキサーで砕いて出汁としても使えます。

STEP4

ステップ4のイラスト

ピーナッツそのものにはニキビの原因はありませんが、ピーナッツを食べやすくする為に塩分やバターをつかわれているものには注意です。ニキビや吹き出物の原因になる可能性があります。加工されていないものを選びましょう。また、ピーナッツはアレルギー反応を起こしてしまう可能性もあります。該当する方は十分に注意しましょう。