知らないともったいない豆乳の魅力!女性に嬉しい効果も満載?!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年5月3日

増えている豆乳嗜好

何となくダイエットや健康に良さそうだから豆乳を飲んでいる。またマクロビを始めてから動物性タンパク質である牛乳を止めて植物性タンパク質の豆乳にシフトチェンジした。そんな方もいるのではないでしょうか。今や豆乳は身近で馴染みのあるものになりつつあり、コンビニやスーパー、カフェでも豆乳系飲料が増えてきています。その反面、豆乳の本当のメリットを知らずに飲んでる方も多いように思えます。実はこの豆乳、そのメリット知らずに飲むのはもったいないほど女性に嬉しい効果が沢山あるんです。普段何気なく飲んでいる豆乳の種類と魅力についてみていきましょう。

豆乳の種類

豆乳の原料は大豆であることを知っていましたか?豆乳は大豆をすりつぶしてしぼった汁で、豆腐に固まる前のもの。そしてご存知の通り、その種類は様々です。無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料など。まずはその違いからです。大きな違いは含まれる大豆固形成分の割合。これが8%以上のものが無調整、6%以上が調整豆乳、あとは豆乳飲料で4%以下の果汁なしと、2%以上で果汁入りのものがあります。無調整豆乳は大豆成分が多い分、独特な風味や強くちょっと飲みにくく苦手な人も多い為、砂糖や塩、香料果汁などで飲みやすくしたのが調整豆乳や豆乳飲料になります。

女性に嬉しい効果とは

いよいよ豆乳の嬉しい効果についてです。まずは美肌効果。豆乳にはビタミンB1やB2、ビタミンEなどビタミン類が豊富なんです。これらはホルモンバランスの乱れによる肌トラブルを防ぎ、健康な肌作りに効果的です。また特にビタミンEは若返りのビタミンともいわれるほどで、ホルモンの分泌を助け、血行促進や新陳代謝を良くし美肌作りをサポートしてくれる重要な栄養素です。また大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをしてくれます。皮膚のハリやツヤを守り、生理などで乱れるホルモンバランスを整えてくれるんです。

飲みすぎはNG

更にイソフラボンは更年期の症状軽減にも効果があるとされています。また女性に多い冷え性や便秘などの改善にも効果が期待できるんです。ただ注意したいのがこの豆乳に多く含まれる優秀な大豆イソフラボン、沢山のメリットがあるからといって一度にたくさん摂るのはNG。過剰摂取は女性ホルモンのバランスが崩れてしまう可能性があるからです。1日の適量摂取量は約70㎎とされています。(豆乳は1日200ml程度)豆乳を飲む際は含有量を確認すると良いですね。毎日の生活に豆乳を上手く取り入れて、その嬉しい効果を実感しましょう。