「食べて痩せる」ダイエット、今話題の「ケトジェニックダイエット」とは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年6月4日

ちょっと待って!「食べずに痩せる」ダイエット

今やダイエットの常識は「食べずに痩せる」から「食べて痩せる」にシフトチェンジしています。従来の食べないダイエットでは、痩せてもすぐにリバウンドしてしまったり、タンパク質など必要な栄養素が不足し体に不調が起こってしまったりと、真のダイエット成功とはなりにくいんです。どうせならリバウンドのない健康的なダイエットを目指したいですね。そこで今注目なのが「ケトジェニックダイエット」。これは「ケトン体ダイエット」とも言われていて元々は病気の治療の為の食事法でしたが、今や綺麗にダイエットしたい女性にも話題のダイエット法なんです。

ケトジェニックダイエットとは?

このダイエットではまず糖質を極端に制限し、エネルギー源となるブドウ糖を不足させます。すると体は脂肪をエネルギー源として燃焼させるようになり、この時作られるのが「ケトン体」。このケトン体はブドウ糖の代わりに脳のエネルギー源として、さらに心臓や筋肉などのエネルギー源としても使われます。この血液中のケトン体の濃度が上がった状態を「ケトーシス」と言い、この時体はエネルギー源であるケトン体を生み出す為に体脂肪を分解します。つまり積極的に体脂肪を燃焼する回路をつくりダイエット効果を生み出す、これがケトジェニックダイエットです。

糖質制限と何が違うの?

そうなるとよく耳にする「糖質制限ダイエット」と同じでは?と思いますよね。もちろん糖質を制限するという意味では似ています。大きく違のはその制限の度合い。糖質制限がある程度の期間をかけてご飯の量を少し減らすという制限なのに対し、ケトジェニックダイエットでは始めてすぐは徹底的に糖質の量を減らし、体を「ケトーシス」の状態にしなくてはなりません。ちょっとハードに感じてしまいますよね。ただ、その分肉や魚などは沢山食べられ、ダイエットによくあるカロリー制限も考えなくて良いのでそれほどハードルは高くないかもしれません。

ここに注意して!

ケトジェニックダイエットではまずは最初に糖質制限が必要になるわけですが、他にもタンパク質の量や食物繊維量など摂取する量が決まっています。体を「ケトーシス」状態にする事が必須であるこのダイエットではこれらの摂取量を守る事が必要不可欠です。また肉や魚野菜中心の食事になると「ケトン臭」という体臭などが気になる場合があります。緑黄色野菜や豆腐や発酵食品、ナッツ類などアルカリ性の食品で軽減されるのでこちらも積極的に摂ると良いですね。健康あってのダイエットです。無理をせず健康な状態でなお且つ正しい方法で行う事をお薦めします。