腸活で痩せ体質に!オススメ食材を一挙紹介

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年6月7日

腸活=ダイエットの理由って?

腸活は、痩せ体質になる為の鍵です。腸活といっても、一体どのようなことなのか・なぜ痩せ体質やダイエットに繋がるのか気になりますよね。腸活とは、腸内の環境を整えること。腸は、食べ物の栄養素を身体の中に吸収する場所です。腸で吸収された栄養素がもととなり、エネルギーとして使用されたり脂肪として蓄積されたりします。ダイエットをしたい場合、腸で吸収した栄養を使用せず、既に身体にあるエネルギーを使用すると、脂肪の燃焼へと繋がります。ここで必要になるのが、腸の環境を良くしてお通じを良くすることです。お通じが良くなれば、身体の中の脂肪がエネルギーとなり使用されます。

食物繊維をたくさん含んだオススメ食品

食物繊維を含んだ食品は、腸活にとって必須のアイテムです。食物繊維は、お通じを良くしてスムーズに出してくれる効果があります。同時に、便の状態を良くしてくれます。便秘気味の人にとって大きな助けとなるのが食物繊維なのです。また、食物繊維は胃腸の中での滞在時間が長く、咀嚼が必要なものばかり。お腹にたまっている満足感があり、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防止してくれる為、ダイエットに向いています。食物繊維を多く含む食材は、キャベツ・カボチャ・ゴボウ・切り干し大根・昆布・大麦・わかめ・こんにゃく・納豆・きのこ類・果物・ナッツ類です。ごはんの時は大麦に、おかずやサラダでも食物繊維を意識的にとり入れていくのがオススメです。

イチオシの発酵食品

腸活で欠かせないのが発酵食品です。発酵食品は、腸の中の善玉菌を増やしてくれます。善玉菌は、便秘の解消を促してくれると同時に、お肌を整える為にも大きな役割を果たしてくれているのです。善玉菌を腸の中で増やす為には、発酵食品を積極的に取り入れる必要があります。発酵食品の中でもオススメなのが、納豆・チーズ・ヨーグルトです。ヨーグルトはパッケージの表記を見て、ビフィズス菌が含まれているものを選びましょう。ジャムを使用せず、すりおろしたリンゴやオリゴ糖と摂ると更に腸内環境を良くしてくれます。また、お漬物だとキムチやぬか漬けがオススメです。

タンパク質を一緒に摂って消化を助けよう

水溶性食物繊維を多く含んだ食品や、発酵食品だけでなく、タンパク質を同時に摂っていきましょう。タンパク質は、基礎代謝をキープしながらダイエットする為に大切な要素です。同時に消化する為にも必要になるので、良質なものを適度に摂るようにしていきましょう。鶏むね肉・大豆製品・卵をはじめ、低カロリー高タンパクな食材がオススメです。腸活は、日々の食事を見直すことでカンタンに開始できます。外食時でも、サラダとヨーグルトを選択すればじゅうぶん腸活は可能です。腸活で大切な食材を把握して、積極的に摂取して身体の中からキレイを目指していきましょう。