ケトジェニックダイエット中のランチはどうする?お弁当で賢く乗り切ろう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

ケトジェニックダイエットもランチを楽しもう!

ケトジェニックダイエットとは糖質制限のダイエット、つまり食べて痩せて健康になる方法です。正しく実践すれば栄養不足にならずに脂肪を消費し、スリムな体を目指せます。方法はとてもシンプルで、低糖質のものならお腹いっぱい食べても大丈夫。ただし、脂肪をエネルギーに換えるため、炭水化物は控えましょう。食事のコントロールが必要なダイエットを続けるには、ランチタイムはどんな工夫が必要なのでしょう?糖質制限と聞くと面倒なイメージですが、お腹を満たし、楽な方法はあるので安心してくださいね!では詳しく見ていきましょう。

お弁当ならランチに困ることはないし経済的!

ケトジェニックダイエット中のランチタイムに外食はOKですが、低糖質なメニューを置いているお店選びが大変です。メインの食事や副菜、汁物のある定食屋さんが理想。また、ハンバーグやサラダバー、スンドゥブチゲなど、メインがはっきり分かるお店もいいですね。ただ、一般的なお店はご飯を抜いてもらったり、NGな食材があると残さなければいけないので、せっかくの外食なのに辛くなってしまいますね。外食は気分転換になりますが、なるべく避けたいものです。そこで、食材が安心で、何より経済的なお弁当を持参することをおすすめします!

ケトジェニック弁当でオススメメニューは?

ケトジェニックのダイエット中のお弁当は、特別なメニューで材料費がかかる?と思いがちですが糖質制限という特徴を除けば、作る手間や材料費は普通のお弁当とあまり変わりません。普通のお弁当と大きく異なるのは炭水化物を含むご飯や麺類を避ける点。おすすめメニューはたんぱく質が豊富な卵や魚、お肉をメインに入れながら、野菜やきのこなどでカサ増しすれば十分ボリュームがあります。チーズや、豆腐をおかずに入れると結構な食べ応えも。パンが好きな人はブランパンにしてサンドイッチやホットドック、カレーのお供にもできますよ。

頑張りすぎず手抜き弁当で続けることが大事!

お昼もケトジェニックの食事を摂らなきゃと、朝、昼、晩の食事を頑張り過ぎていてはストレスになってしまいますね。料理が苦手な人や、忙しくて時間を捻出しにくい人はなおさらです。続けられるコツは、なるべく手抜き、ラクをすることです。明日のお弁当にするために夕食は多めに作って、お弁当に詰めるだけのメニューなら簡単です。同じご飯は飽きるという人は、カレーならドリア風、野菜とお肉炒めに上にチーズや卵をトッピングするアレンジメニューも。鍋や野菜スープの残りをスープジャーに入れるだけでもヘルシーなランチになりますよ。