食物繊維の効果は、お通じだけじゃなかった!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

ダイエットに必要不可欠な食物繊維

ダイエット中の方は食事制限の他に、食物繊維の摂取を徹底している方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、減量の進捗をスムーズにしたいなら、毎日のお通じを良好にする必要があります。そう、便秘解消を促す食物繊維とダイエットは、切っても切れない関係なのです。とは言ってもこの食物繊維、デトックス効果に優れているだけではありません。実は将来起こりうるであろう様々な病気から、私たちの健康を守っているのです。これから食物繊維が多く含まれる食品や、その健康効果についてご紹介します。今後ダイエットを検討されている方は、ぜひ最後までご覧ください!

野菜嫌いは病気に繋がる

国内のレストランや飲食店では、洋食や中華、イタリアンなど、様々な国の食文化を楽しむことができます。そして近年食の欧米化により、手軽に摂れるファストフードが大人気。休日のお昼時に、ドライブスルーの順番待ちを見かける方も多いことでしょう。また、現代人は味の良さやボリュームに目を向ける傾向があり、健康面をおろそかにしがちです。野菜、即ち食物繊維を嫌う方はとても多く、気付かないうちに大量の糖質や脂質、ナトリウムなどを体に溜め込んでいます。そしてこれらは、肥満や糖尿病、高血圧などのリスクを高める原因になるのです。

食物繊維で生活習慣病を撃退!

もうおわかりかもしれませんが、食物繊維は前述のような生活習慣病の予防・改善に繋がります。体内に蓄積した糖質や脂質を吸着し、体外に排出する役割を担っているのです。元々人の体内には消化酵素が存在していますが、食物繊維は食事から摂る以外方法はありません。そして1日における食物繊維の摂取量は、女性なら17~18g、男性であれば20g以上が理想と言えます。食事の際、特に外食の機会が多い方は、意識的に食物繊維を摂ることが大切です。ちなみに食物繊維が多く含まれる食品は、野菜で言えばかぼちゃや切り干し大根、ブロッコリーなどが挙げられます。

野菜嫌いの方は粉物・乾物を活用

食物繊維が体に良いことを理解していても、野菜自体が苦手な方も多いことでしょう。しかし食物繊維は、野菜のみに含まれているわけではありません。無理なく食物繊維を摂取したい方は、粉物や乾物などを活用しましょう。こんにゃく、きくらげの乾物、てんぐさを含んだ粉寒天などがお薦めです。これらの食材を調理に用いて、食物繊維を上手に摂取してください。また、美味しい食物繊維と言えばサツマイモ。野菜嫌いを克服したい方は、まずはサツマイモのスイーツなどからトライすることをオススメします。