食べないダイエットはもう古い? 賢い女子は「プロテイン」「アスレチックフード」で超健康ダイエット

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

食べないダイエットはタンパク質不足を招く

ダイエットと聞くと食事量を抑えなければ、と思っていませんか。間違った食事制限をすると懸念されるのがタンパク質が不足。髪の毛のツヤがなくなったり肌荒れしたり、体が疲れやすくなったり、ひいてはどんどん痩せにくくなってしまったりとタンパク質不足は体の様々なところに悪い影響を及ぼしてしまいます。そこで、健康的にそして綺麗に痩せたい!そう願う女性達の間で最近話題となっているのが、高タンパクで低脂質の食事を心がけるダイエット。今やダイエットは「食べずに痩せる」のではなく、「食べて痩せる」へとシフトチェンジされているんです。

ダイエットをサポートするプロテイン

そこで活用したいのがプロテイン。プロテインはハードな運動している人や筋肉を付けたい人が飲むものでは?と疑問に思う方もいるでしょう。しかし「食べて痩せる」ダイエットにはプロテインはとっても有効なんです。その理由は何と言っても手軽に低脂肪、低カロリータンパク質を摂れるからです。成人女性が1日に必要なタンパク質の量は40~50gと言われています。このタンパク質摂取を肉や魚などに頼り過ぎると、脂質やカロリーオーバーに。タンパク質はプロテインで効率的に摂る!これがダイエットの新常識です。

女性にお薦め「ソイプロテイン」

またプロテインといってもその原材料によって違いがあります。原料が牛乳のホエイプロテイン、ガゼインプロテイン、大豆が原料のソイプロテイン、大きく分けるとこの3種類。中でもソイプロテインは大豆に含まれる美のホルモン「イソフラボン」による美肌効果も期待され、特に女性に注目されています。また最近ではこれら従来のプロテインより更に進化した「アスレチックフード」なるものも出てきています。これは「第3のプロテイン」とも言われ、健康や美容ダイエットをより極めたい人達から今一番熱いとされる食品なんです。

アスレチックフードでより健康的に

「アスレチックフード」の注目ポイントはまずその原料。プロテインの原料は牛乳や大豆がほとんどでしたが、アスレチックフードはお米やえんどう豆、卵白などタンパク質そのものを主原料にしています。つまりプロテインをよりオーガニックにして低脂質、低カロリーで高タンパク質を摂取できる食品なんです。またその種類も注目です。ドリンクやスープの飲料タイプから、ささみ、かつお、サーモンをバー状にしたものなど形状も様々。粉末タイプのプロテインに比べバリエーションが豊富でより手軽にカジュアルになっています。ダイエットのお供にいかがですか。