デトックス効果抜群!?簡単な舞茸ダイエット

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年7月8日

シンプルな舞茸ダイエットのやり方

今回紹介する「舞茸ダイエット」の方法は、普段の食事に舞茸を一日30g~50g追加するだけの簡単なもの!基本的には自炊で行い、一週間位から無理のない期間続けてみてください。舞茸は低カロリーなので、市販の舞茸半パック程を好きな調理法で取り入れても、比較的低い摂取カロリーになり、無理な置き換えダイエットやカロリー計算などは必要ありません。だからといって、毎日の食事に舞茸天ぷらやバターたっぷりのソテーをプラスすると、脂質を多く摂取してしまうので、健康的なバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

舞茸はダイエットにピッタリの食材

何故「きのこダイエット」ではなく舞茸ダイエットなのかというと、舞茸特有のMXフラクションとMDフラクションという成分が、蓄積された脂肪を分解するだけでなく、血中の脂肪やコレステロールの分解を促進し、脂肪がつきにくい体質に改善させるダイエット効果をもたらすからです。独特の香りを感じる舞茸ですが、味にクセが少なく使い勝手が良いので、調理法を変えれば和食や洋食、中華など様々なジャンルの料理を味わえるため、同じ食べ物ばかりの食事でストレスを感じやすいダイエットに最適な万能食材と言えます。

きのこ類のダイエット効果

また、舞茸だけでなく、きのこ全般がもつキノコキトサンは、脂肪の吸収を抑え、脂肪の燃焼を促進するダイエット効果が期待できます。きのこ類は不溶性の食物繊維が豊富に含まれており、体内の水分を吸収し便のかさを増やし、腸の蠕動運動を活発化させ刺激を与えます。その結果、腸内の老廃物や毒素、余分な脂肪の排出を促し環境を整える効果が期待できるため、便秘解消やデトックス、代謝機能向上と言ったダイエットに欠かせないメリットがたくさん!きのこ類を二種類以上使用すると旨味が増す効果も期待できるので、舞茸と一緒に取り入れてみてはいかがでしょうか?

舞茸ダイエットのポイント!

舞茸ダイエットを行う際のポイントは、MXフラクションとMDフラクションが水溶性なので、熱に弱く水に溶け出しやすい成分だということです。そのため、長時間または強火の加熱を避けて、短時間の調理で終えるようにしましょう。調理前は水洗いを避け、炊き込みご飯や味噌汁など舞茸から出た水分を全て摂取できるような料理にしてください。また、お腹が緩くなることがあるので、摂取量をきちんと守りバランスの良い食事を心がけ、運動を取り入れて睡眠や食事時間などの生活サイクルを整えると、より健康的かつダイエットに効果的です!