嬉しいメリットが沢山! 食物繊維で体の中からキレイにダイエット

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

食物繊維ダイエットはどんな効果があるのか?

食物繊維は腸内環境を整える便秘解消作用だけではなく、ダイエットの味方となる効果もあるのです。例えば、食べ過ぎ防止になること。食物繊維は胃や腸内に留まり、水分を吸収し膨張するため、満腹感に繋がります。また、糖尿病の予防になること。食事をすると血糖値が上がり、インシュリンが分泌され糖質をエネルギーに換えますが、余分な糖質はそのまま脂肪に蓄積してしまいます。食物繊維は血糖値の上昇を抑える作用があるので脂肪蓄積の抑制になります。食物繊維は摂り方が大切、今回は食物繊維の上手な活用方法をご紹介したいと思います。

水溶性食物繊維の効果と食材

"食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類あり、それぞれ含まれる食材や効果が違います。摂取バランスも大切なので、しっかり覚えておきましょう。


まず、水溶性食物繊維からです。

水溶性食物繊維は水に溶けやすいのが特徴で、腸内の便秘を柔らかくし排出しやすくします。血糖値の上昇を抑える効果もあるので、中性脂肪が気になる人にはおすすめです。


【多く含まれる食材】

●ワカメ、昆布などの海藻類

●オクラ、なめこなどのネバネバ食材

●大豆や納豆 など


便が固い人は毎日の食事に取り入れるようにして下さい。

不溶性食物繊維の効果と食材

次は不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は水に溶けにくいのが特徴で、便のかさを増し、腸の運動を活発にします。ダイエットで食事量が少ない時はこの不溶性食物繊維を摂れば、便のかさが増えて排出しやすくなります。


あまり摂り過ぎると便の水分までを吸収し、便が固くなり腸内で詰まりやすくなってしまいますので摂り過ぎには注意して下さい。


【多く含まれる食材】

●インゲン豆、ひよこ豆、あずき

●ごぼう

●オカラ

●さつまいも など


「水溶性1:不溶性2」の割合で摂取すると良いと言われています、2つの食物繊維をバランス良く摂りましょう。

おやつにも食物繊維を取り入れて

ダイエット中でもおやつは食べたくなりますよね。そこでおすすめなのが、食物繊維の多く含まれたおやつです。もちろん食べ過ぎては意味がありませんが、食物繊維の効果が期待できるので、ダイエット中のおやつにはおすすめです。


【水溶性食物繊維豊富なおやつ】

・イチヂク、あんず、バナナのドライフルーツ など

あんずは水溶性と不溶性両方の食物繊維が含まれています。


【不溶性食物繊維豊富なおやつ】

・干し柿、アーモンド、小豆、ポップコーン など

アーモンドは高カロリーですが、脂肪燃焼作用があるのでダイエット効果は期待出来ます。またビタミンEも豊富で美容にも効果的です。