体を温めて冷え予防。甘酒スムージーレシピ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年12月27日

甘酒で栄養補給、ダイエット効果を得ながら体を温めよう

夏は冷房や発汗によって、体感している以上に体が冷えています。冷えは代謝を悪くしてしまい、太りやすくなったり、抵抗力を低下させてしまうことも。夏こそ体の奥を温め、気持ちの良い発汗、栄養吸収を目指しましょう。今回紹介するのは、美味しく飲んで体を温めるスムージー。健康サポート食として注目されている甘酒も使用します。甘酒には酒粕由来のものと、米麹由来のものがありますが、今回はご家族で召し上がれるようにノンアルコールの米麹由来の酒粕をご用意ください。

STEP1

ステップ1のイラスト

1人分の材料。米麹由来の甘酒50cc、バナナ1/2、りんご1/4、豆乳または牛乳30cc、お好みではちみつやすりおろし人参など。米麹由来の甘酒は、市販のドリンクボトルタイプが便利です。

STEP2

ステップ2のイラスト

バナナ、りんごなどを小さめにカットする。甘酒、豆乳または牛乳と、カットした果物を耐熱容器に入れ、レンジで600wで1分から1分20秒ほど温める。(お使いのレンジにより変動すると思われます。短時間からお試しください)

STEP3

ステップ3のイラスト

ミキサーで混ぜたら出来上がり。冷まして飲みたい方は、氷を少々混ぜてください。

STEP4

ステップ4のイラスト

おまけ。なるべくなら朝一番にホットで飲むことをオススメしますが、発酵食品である甘酒パワーで、多少冷やしていても体を温めてくれるはずです。年間通して、季節の果物を取り入れながらお楽しみください。