糖質制限ダイエットを成功に導く4つのポイント

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年1月10日

正しい糖質制限ダイエットの知識を学ぼう!

糖質制限ダイエットとは、糖質を制限して痩せるためのダイエット方法です。糖質を摂取しないだけで簡単に痩せられると思われがちですが、間違ったダイエット方法は栄養失調やリバウンドを引き起こす可能性があります。ここでは正しい糖質制限ダイエットの知識を習得して今後の生活に役立てていただければと思います。糖質制限ダイエットといっても、糖質を含む食べものを一切食べないことは望ましくありません。健康的かつ美しく痩せるためには、食べるべきものとなるべく摂取しないほうがいい食べものや飲み物をしっかり理解する必要があるといえるでしょう。

炭水化物を一切摂らないのは逆効果?

糖質制限と聞いて、まず考ことが炭水化物を抜くことではないでしょうか。実は、ご飯やパン、パスタなどの炭水化物を一切食べないことでダイエットをすることは望ましくありません。健康的に痩せたいのであれば、いつもより炭水化物を摂取する量を減らしてみてください。例えば、1日3回炭水化物を摂取していたのであれば回数を減らしたり、量自体をいつもの半分以上に減らしてみることをおすすめします。また、カロリーの高いパスタや塩分や糖分の多いパンを食べるのであれば、魚や肉をおかずにした和食を食べるようにしましょう。

糖質制限中は飲み物にも注意

どれだけ糖質を制限した食事を心がけても、糖分や人工甘味料がたっぷり入った飲み物を摂取している場合は、いくら糖質制限ダイエットを頑張っていても痩せることは難しいです。また、気を付けなければならないのが「糖質ゼロ」表示がされている飲み物です。糖質ゼロと表示されていても実際は糖質量が0.0gではなく0.5g未満でもゼロ表示されることが許されています。また、糖質ゼロやカロリーゼロ表示がされている飲み物でも人工甘味料がたっぷり入っている可能性がありますが糖質制限中はジュースや炭酸飲料は控えたほうが良いといえるでしょう。

糖質制限中はタンパク質の多い食べものをたくさん食べるようにしよう

糖質制限中でもタンパク質を多く摂るべき理由は、糖質を減らすことで筋肉を分解させないためです。糖質を制限することで体内は一時的にエネルギー不足に陥ります。エネルギーが不足すると筋肉を分解して糖質分を補おうとするのです。身体の筋肉が落ちることで基礎代謝も落ち、消費できるカロリー量も減ることで最終的に太りやすく痩せにくい身体を作ることになります。筋肉を落とさないためにはタンパク質をたっぷり含むにぼし・ツナ・サバなどがおすすめです。糖質制限中でも積極的にタンパク質を摂取して痩せやすい身体作りをしましょう。