筋トレの効果を最大にするための食事メニューまとめ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年1月12日

筋トレと食事の関係性

筋トレをするなら、食事から気を付けなければなりません。ご存知のとおり、人の筋肉はタンパク質でできています。タンパク質が不足すると筋肉量が減ってしまい、いくら筋トレをしても美しいボディラインを作ることができなくなってしまいます。そこで、筋肉をつけるために積極的に食べるべきものを紹介したいと思います。ここでお伝えする食べものを毎日の食事にたくさん取り入れてください。食事に関する知識を増やして、正しい筋トレを行うことでしっかりした筋肉をつけることができるでしょう。

筋肉をつけるために毎日摂るべき5つのもの

献立を考える際は、主食・主菜・副菜・乳製品・果物の5つの食べものをメニューに入れるべきです。筋肉を作るためには必要不可欠なものばかりといえます。主食は身体のガソリン代わりになるもの。主に炭水化物を表します。主菜はおかずになるもので、肉や魚、卵、大豆など筋肉を作る材料になる部分です。副菜はきのこや海藻、野菜などを摂りましょう。乳製品は骨を形成する大切な役割があります。果物は疲労回復の効果がありますので筋トレ中にはかかせません。

食事で大切なのはバランス

上記で紹介した5つのものをバランスよく摂ることが美しい筋肉を作ることに繋がります。一つでも欠けてしまうと、身体の不調に繋がる恐れがあります。例えば、太る原因になるといわれている炭水化物を一切摂らないとします。すると、身体を動かすガソリンが不足してしまい、脳がうまく働かなくなります。他にもイライラする原因になる場合もありますので、どれか一つでも欠けることなくバランスよい食事を摂ることが大切であるといえますね。筋トレをして、美しいスタイルを手に入れるためには、食事が鍵といっても過言ではありません。

外食時でもタンパク質の摂取を心がけよう

家で食事を摂るときは、バランスを考えることをお伝えしましたが、外食の場合はバランスよく食べられないこともあるでしょう。そこで、外食時は筋肉をつけるために必要不可欠といえるタンパク質を積極的に摂取してください。コンビニで手軽に購入できるタンパク質が豊富な食べ物としてオススメなのが、サラダチキン、焼き鳥、チーズ、ゆで卵、するめ、スモークチキン、焼きちくわ、ヨーグルト、さばの水煮缶などです。おにぎりやお弁当にプラスする形で摂取すると良いでしょう。