マクロビダイエットのホントの意味と効果って?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年1月15日

まずマクロビをちゃんと理解しよう!

マクロビとは、「マクロビオティック」のこと。「マクロ=大きい」「ビオ=生命」「ティック=術」という意味です。健康・ダイエットのため、セレブやスーパーモデルの多くが取り入れています。流行のマクロビを自分もやってみたい、でもどうしたらいいのかわからない…といった人が多くいるかと思います。「とりあえずマクロビ推しのカフェに行ってみよう!」という第一歩も良いでしょう。ただ、大切なのは“日々の生活に自身で取り入れていくこと”です。今回はマクロビのダイエット効果・方法・注意すべきことをご説明していきますね。

マクロビのダイエット効果はやはり高い!

様々な人が実践し効果が立証されているからこそ、話題になっているマクロビ。ダイエット効果は“かなり高い”です。ダイエット成功に至る最大の理由は「低糖質・低カロリー」という点にあります。マクロビは玄米を主食とし、豊富な食物繊維・低糖質であるため、余分な脂質と老廃物を排出する効果へと繋がっているのです。更に、大切な4つのポイントがあります。「①旬のものを食べる②皮ごと食べる③穀物・野菜・豆・海藻メイン④身体を温める+身体を冷やす食べ物を調和」これら4つのポイントを抑えることがダイエット成功の秘訣です。

マクロビダイエットの食事のお約束

主食は必ず「玄米食」にしましょう。玄米は独特の触感から、咀嚼回数が多く必要となり、少量で満腹感がやってきます。また、玄米には食物繊維が多く含まれているため、排便が促進されます。老廃物も排出され、肌の調子も整い、身体が軽くなったという声も多くあります。そして、マクロビダイエットというと「肉・魚を食べたらダメ?」と思いがちです。しかし、一週間に一回程度であれば大丈夫。穀物・野菜・豆・海藻中心に、自分の食べやすいアレンジをしつつ“楽しんで食事をする”という気持ちを大切に食事することが長続きの秘訣です。

マクロビダイエットはタンパク質不足に注意!

マクロビダイエットをしていると、不足しがちなのがタンパク質。マクロビ実践者は、穀物・野菜・豆・海藻中心の生活です。肉・魚を食べている人と比較すると、タンパク質が極端に少なくなる可能性があります。タンパク質が減ると、筋肉量が減り代謝が落ちカロリー消費されにくい身体になります。「これではダイエットに逆効果では」と不安になるでしょう。しかし、タンパク質は肉・魚以外からも摂取できます。それも、非常に良質なタンパク質です。「大豆」には植物性のタンパク質が多く含まれているので、積極的に摂取していきましょう。