炭水化物ダイエットのメリットとデメリット

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年1月18日

炭水化物ダイエットとは?

炭水化物ダイエットは有名なダイエット方法ですよね。しかし、まず、炭水化物ダイエットがどういうものかザックリ説明したいと思います。炭水化物ダイエットとは、炭水化物を多く含む、ご飯やパン、麺類などを抜くだけのダイエットです。また、血糖値をコントロールする必要があるので、糖質を摂取することもダメです。そのため、いも類やフルクトース(果糖)が多いフルーツ、ケーキやジュースなどもNGです。甘いものが好きな人にとっては、難易度の高いダイエットといえるかもしれません。

炭水化物ダイエットのメリットとは?

実際に炭水化物ダイエットに挑戦した方のなかでも、体重が落ちるスピードの速さを実感できる方が多い傾向にあるといわれています。人間のエネルギー源である炭水化物を摂取しないので、そのかわりに、身体に溜まった脂肪をエネルギー源として利用します。よって、脂肪がドンドン減っていくのです。炭水化物や糖質を含まない野菜やおかずは好きなだけ食べても大丈夫とされているため、食事の内容さえ気を付ければ、空腹感を抱かずにダイエットに望める点がメリットといえるでしょう。

炭水化物ダイエットのデメリットとは?

炭水化物を極端に減らしてしまうと、口臭や汗など体臭がキツくなることがあります。脂肪は、エネルギー源として燃焼する際に、体内でケトン体という物質が増加します。このケトン体が増加すると、体臭がキツくなるのです。次に、脂肪をエネルギー源として燃焼する際、同時に筋肉も分解してしまいます。なので、筋肉が落ちて代謝が悪くなる場合も。また、代謝が著しく低下すると病気にかかりやすい体になってしまうので、健康への危機管理意識を高めなくてはなりません。最後に、脳のエネルギー源である糖質を摂らないので、頭がボーっとしたり、集中力が低下するなど、仕事や勉強に悪影響を与えます。

炭水化物ダイエットのの良いとこどり!低炭水化物ダイエットとは?

「炭水化物ダイエットはダイエットとしてはとても効果的だけど、その分リスクもデカいな・・・」とお悩みの方も多くいるのではないでしょうか?そんな方には、低炭水化物ダイエットをオススメします。低炭水化物ダイエットは、一日に摂取する炭水化物や糖質の量を「制限する」ダイエット方法です。必然的に、炭水化物ダイエットよりメリットが減ります。同時にデメリットも減るので長続きしやすくなります。そのため、長期的に見れば炭水化物ダイエットよりも効果的と考えられています。