ゼロカロリーの甘いもの、本当に太らない?ダイエットと甘味料についての謎が明らかに!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年2月4日

どうして甘い物は太るの?

ダイエット中は甘い物を食べたいけれど太ってしまうというジレンマがつきものですが、どうして甘い物を食べると太ってしまうのでしょうか。甘い物を食べると血糖値が上がりインシュリンが分泌されます。インシュリンは太るホルモンとも呼ばれており、その理由は体に脂肪を溜め込もうとする働きがあるためです。一般的な白い砂糖はサトウキビやてんさいから出来る天然甘味料の「上白糖」というもので、他の天然甘味料に比べたくさん精製されているため栄養が少なく、消化・吸収もしやすいため血糖値が急激に上がりやすい甘味料です。

天然甘味料の特徴

天然の甘味料の中でも、原料の食材に近いあまり精製されていないてんさい糖や黒砂糖などは栄養が残っており、血糖値も上げにくいという特徴があります。てんさい糖はてんさいという食材から出来る甘味料で、上白糖には含まれていないミネラルやオリゴ糖が含まれています。黒砂糖はサトウキビの搾り汁を煮詰めて作り、ほとんど精製されていない甘味料なので、ミネラルの他に不足しがちなカリウム・鉄分などの栄養素が豊富に含まれており、上白糖よりはオススメです。あくまでも上白糖よりマシという程度に考えて、大量に摂取しないように気をつけましょう。

人工甘味料って何?

ダイエット中にカロリーゼロの商品ばかり食べているという方は、人工甘味料に依存している可能性があります。人工甘味料はその名の通り人工的に合成した甘味料で、砂糖に比べ数百倍もの甘みがあることが特徴です。人工甘味料は少しの量でも甘みが感じられるので、商品に含まれる甘味料の量が減るためカロリーゼロ食品でも使用することが出来、依存性が高いとされているのでどんどん甘い物を食べたくなってしまいます。人工甘味料は比較的最近出来た甘味料なので、長期間の摂取で人体に与える影響や血糖値についてなど解明されていないことが多いです。

ダイエットと甘い物の関係

甘い物は依存性が高く止められないことが多いですが、スイート大好きな方がダイエットのために甘い物を一切食べないなど、極端に甘い物を禁止するとかえってストレスになり暴飲暴食やリバウンドの原因になってしまいます。大切なのは適量ということで、どんな甘味料でもたくさん食べれば太りやすくなってしまい、健康のことを考えるなら控えた方が良いでしょう。どうしても甘い物を食べたい際は、色々なデメリットを理解した上で少量摂取し、消費カロリーと摂取カロリーのバランスを運動量や食事などで調節すると太りにくいです。