スリムな人の食事法に学ぶ痩せる食生活習慣

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年9月1日

ダイエットで失敗しがちな食事制限

ダイエットでは食事制限をすることがありますが、極端なプランになっていないでしょうか。炭水化物を抜いたり、糖質を制限しすぎたり、食事量そのものをへらしたりと、ダイエットが苦しくなるのは、「極度な我慢」を強いられるから。極度な我慢とは精神的なことだけでなく、体にとっての我慢も含みます。日常生活に最低限必要な糖質、脂質、ビタミンなど、必須栄養素が慢性的に不足すると、脂肪や体内に蓄積した栄養を消費し始めます。ほどよく脂肪消費できれば良いのですが、体が枯渇した状態になると、使ってはいけないエネルギーまで消費するので、思いがけない病気になってしまう危険があります。

ダイエット中の食事で気をつけること

飢餓状態になるほどの食事制限で痩せたとしても、体内は栄養失調、疲労状態です。すると、体は生命の維持を優先させるために、脂肪の蓄積をしようと働きます。つまり、少量の食事でも脂肪を蓄積しやすくなるので、リバウンドしやすくなるわけです。

食事を減らせば一時的に痩せるかもしれませんが、根本的な体質改善とは呼べません。大切なことは、バランスの良い栄養素摂取。脂質や糖質も、人間の活動には必要です。今現在過剰摂取をしているなら、適正値の摂取量になる食事にシフトすれば良いのです。

スリムな人の買い物を見て学ぼう

体質にもよりますが、特にダイエットをしたり、食事に気を使わなくても太らない、天然スリムな人っていますよね。このような人の多くは、自然と太りにくい食事法を習慣化できていると思われます。現代人の生活サイクルでは、三食自炊は難しいでしょう。特に、仕事をしている人は昼食をコンビニや外食で済ませることも珍しくありません。ここで、スリムな人の買い物を覗いてみてください。糖分の高いデザートの代わりにヨーグルトなどの乳製品を選んでいませんか?揚げ物惣菜のかわりに、弁当プラス「サラダ」をチョイスしていませんか?

スリムな人の食事順序を見て学ぼう

さらに、スリムな人は食事の前に水を好んで飲んでいます。ジュースなどで急激な血糖値の上昇を防ぎ、これから消化の負荷がかかる胃腸を、やさしく動かしているのです。そして揚げ物や炒め物など、油分の多いおかずに箸を伸ばす前に、野菜類から口をつけている習慣ができている人は、過食も防げるメリットを得ています。野菜で咀嚼回数を増やしておくことで、満腹中枢を刺激できるからです。スリムな人の食事から、野菜を先に食べる、脂質糖質の多いおやつから乳製品やナッツ類にシフトすることを学び、真似してみましょう。