ゼロカロリーを攻略し、清く賢くダイエット!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年2月9日

ゼロカロリーはゼロではない?

「ゼロカロリー」この響き、大好きな人多いですよね。日頃からダイエットでカロリーを気にして食事をしている人なら尚更飛びつきたくなる魔法の言葉です。最近では巷にもゼロカロリーやカロリーオフの食べ物や飲料が増えていて、一度は手に取ったことのある人も多いでしょう。ただゼロカロリーといっても全くのゼロではないのは知っていますか?カロリーゼロとは100g(100ml)あたり5kcal未満であればゼロカロリーと表示されています。たかが5kcalと思うかもしれませんが500mlのペットボトルであれば25kcalとなりチリも積もれば何とやらですね。

ちょっと曲者、人口甘味料

カロリーゼロの食品はカロリーがゼロではないにしても通常の食品よりも大幅にカロリーが少ないから、いくら食べても大丈夫!と思いがちですが、それはちょっと違うようです。多くのゼロカロリーの食品には「人工甘味料」が使われています。この人工甘味料とは、砂糖の数百倍の甘みがあるにもかかわらず、カロリーはかなり少ない甘味料で人工的に作られたものです。これだけ聞くと正に魔法の食べ物ですよね。でも最近の研究ではこの人工甘味料が食欲を増進させる作用があるとされているんです。ゼロカロリー食品に頼り過ぎは、過食を招く可能性がるようです。

依存しすぎはNG!

ダイエットの成果を上げる為にはどのようにゼロカロリーとお付き合いしていくのがよいのでしょう?ダイエット中、カロリーゼロの一口ゼリーなど大量に食べてしまったなんて経験ありませんか?そうこのゼロカロリー食品に含まれる人口甘味料には、その強い甘みに中毒性がありやめられないというちょっと心配な作用もあると言われています。そうなっては本末転倒。摂取カロリーが多くなり、ダイエット失敗なんて事にも。ゼロカロリーの食品とは「決して食べ過ぎない」という強い意志を持って付き合う必要がありそうですね。依存しすぎはダイエットには逆効果になってしまいます。

置き換えて賢く活用しよう

またゼロカロリー食品に含まれる人口甘味料は天然のものにはない添加物が含まれています。添加物は多量に摂取すると体の中で老廃物となり、むくみや肌荒れの原因ともなり、ひいては健康に影響も与えかねません。人口甘味料に関しては、まだ今後の研究で解明される部分が多いようです。ただやはり何でも食べ過ぎずほどほどが良さそうですね。ダイエットに取り入れるのであれば、いつも飲んでいる高カロリーのジュースをゼロカロリーの飲料に置き換えるなど、プラスマイナスを考えて上手に取り入れるのが、ダイエット成功への道と言えそうです。