すこぶる体調改善に効果あり!おすすめグルテンフリーダイエット

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

グルテンとは?

小麦をはじめとする穀類に含まれるたんぱく質はグルテンと呼ばれる主成分からなっています。いまや、日本人の食生活には欠かせない小麦以外にも大麦やライ麦、穀物の胚乳、うどんやラーメン、パンやパスタ、餃子やワンタンの皮、ビールにまでグルテンが含まれています。

小麦粉に水を加え練ることで発生するグルテニンとグリアジン2種類のタンパク質が絡み合ってグルテンになります。グルテンは、食物アレルギーの原因となるタンパク質なので摂取制限の人も多い中、昨今は美容やダイエットのためにグルテンを摂取しない人が増えているほど、グルテンフリーには大きな影響があるようです。

グルテンの身体への影響

グルテンが身体へ与える影響は意外にも多く、原因不明の倦怠感や不定愁訴はグルテンが原因という可能性があります。身体が常にだるく、頭がボーっとして働かない、集中力がない、イライラしてみたり精神不安に陥ったり、また頭痛や肩こり、関節痛、便秘や下痢に悩んだり、胃腸の不快感や吐き気、嘔吐、重度のアレルギー体質、湿疹や蕁麻疹などの皮膚トラブルなどざっと挙げてみてもこれだけの症状が出てきます。なぜこれだけグルテンによって身体に影響があるかというと、グルテンの摂取によって私たちの腸内環境が悪化するからです。また、腸内吸収のタイミングで人間の脳内にまで影響があるとも言われています。

グルテンフリーダイエットとは?

グルテンフリーとは、グルテンが含まれていない食品のこと、或いはグルテンを摂取しない食事方法のことを言います。もともとは、小麦などのグルテンによるアレルギー患者が体質改善のために行われていた食事療法です。このグルテンフリーを行うことで、腸内環境がきれいになり、正常になることで体調が良くなるだけではなく、体重が減少し免疫力が上がる、代謝が上がるなどのダイエット効果が得られるのです。方法は、いたってシンプルで日常の食事から小麦製品をカットしていきます。また、小麦に代わる米粉などに置き換えていきます。小麦主体の食生活を送っていた人は、無理なく始めることをおすすめします。

グルテンフリーダイエットで健康的にきれいにダイエット

グルテンは摂取することで小腸の壁に傷を付けやすいので、傷ついた腸壁から体内に毒素が侵入することで便秘や下痢や体調不良を引き起こします。グルテンをカットすることで、腸内環境が良くなり、免疫力が上がることは間違いありません。またグルテンには、食欲増進物質が含まれているためにパスタやパンなどを食べながら、もっと食べたいといった欲求で食べ過ぎの原因になっています。そういった意味でも、グルテンをカットするだけでダイエット効果が期待出来ます。総じて、グルテンフリーダイエットで腸内環境が整い、代謝も上がり、肌もきれいになることで健康的に美しくダイエットの効果が期待出来ると言えます。