マクロビオティックダイエットを始める際の重要なポイント

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年2月16日

マクロビオティックとは?

マクロビオティックとは、難しいことは抜きにして自然と調和して穀物や野菜、海藻といった日本の伝統的な食事を基本として摂取することで、健康的な身体と暮らしを目指すといった考え方です。マクロビオティックの語源は古代ギリシャ語を語源とした「自然に即応した命の在り方」から来ています。マクロビオティックには、その土地の旬のものを食すという「身士不二」と、自然の恵みを残さずにすべて頂くといった「一物全体」といった2つの原則が存在します。人間や植物は生まれた環境と一体ということから、日本人は季節の旬の食材を摂取することで、身体のバランスをとることが出来るといった考え方から来ています。

マクロビオティックにおける陰陽のバランスとは

マクロビオティックは「陰陽調和」という考え方があります。人間の健康を「陰性」と「陽性」のバランスが保たれている状態を指します。陰性とは、冷たいものや水分の多いもの、静かなものや遠心力を言い、陽性を熱いものや水分の少ないもの、動きのあるものや求心力を言います。この陰性と陽性のバランスが取れた状態を中庸としてとても大切にして考えています。食材や調理法も「陰」と「陽」とそれぞれあり、陰性の食材は身体を冷やす働きがあり、陽性の食材は身体を温める働きがあります。夏のお野菜は身体の火照りを取り除き、冬の根菜類などは冷えた身体を温めるといったようにバランスを保つ手助けをしています

よく咀嚼してマクロビオティックで食べ過ぎ防止

マクロビオティックの食生活に切り替えることで、デトックス効果を実感したり、体質改善を実現したりと身体にとってプラスを実感する人が多いようですね。とくに、玄米はよく噛んで食べる習慣が定着することからも、食べ過ぎを防止し、消化吸収を促し胃腸に負担がないのに便通が良くなるなどダイエット効果が期待出来ます。マクロビオティックを始めると、食事が非常に楽しく、食べ物だけではなく食べる時間を大切にするので自然とスロー生活になっていきます。自然にあるものを有難く頂く、バランス良く食べることシンプルでいて満足感の高いダイエットが実現します。

マクロビオティックの基本は玄米

玄米は、マクロビオティックの陰陽調和の考え方でも中庸とされて、マクロビオティックの基本です。ビタミンやミネラルが豊富で栄養価が高く、食物繊維が豊富なことから腸の蠕動運動を促し、腸内環境を整えてくれます。いままで白米生活を送ってきた人にとって主食を切り替えるのは、エネルギーの要することかもしれませんが、週の半分からスタートしてみるなど負担のないところから始めてみることをおすすめします。意外と慣れてくると玄米が美味しく感じたり、野菜とよく合うためスムーズに切り替えが進むでしょう。野菜を皮ごと、まるごと摂取するマクロビオティックには玄米がぴったりでしょう。