過度な糖質制限は筋肉を落とす?ロカボダイエットで健康的に減量しよう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年2月20日

糖質制限とロカボ、どう違う?

あらゆるダイエットメソッドの中でも、糖質制限ダイエットは減量の進捗が捗ることで有名です。食べ過ぎ後にこのメソッドを用いて、元の体重に戻すダイエッターも多いと思います。しかしごはんやパンなどの炭水化物を一切摂らないので、人によってはストレスとなり途中で挫折するケースもあるようです。実は最近、ゆるやかな糖質制限と呼ばれるロカボダイエットが流行しています。糖質制限とゆるやかロカボ。一見似たようなダイエットですが、そのメソッドや効果には大きな違いがあります。そこで今回は、糖質制限とロカボのメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

糖質制限は短期ダイエットに最適

前述で述べた通り、糖質制限ダイエットは糖質、即ち炭水化物を一切摂らないメソッドになります。体内の糖の貯蓄を減少させ、脂肪を落としやすくすることが狙いです。また糖質を摂らないことで、糖摂取によるインスリンの分泌の発生を阻止できます。インスリンの分泌を抑えれば、脂肪細胞へ脂肪が蓄積することもありません。食べる量を減らさず、お肉や魚などの食品をたっぷり摂ることができます。また、激しい運動が必要ないこともこのメソッドの強み。通常のダイエットと比べると減量のスピードも速めなので、短期集中型のダイエットを好む方にピッタリです。

糖質制限のデメリットとは

一見効果絶大のように思える糖質制限ダイエットですが、少なからずデメリットも存在します。それは、ストレスの発生や筋肉量が落ちてしまうということです。糖質を摂らなくなると、空腹感を感じやすくなりストレスの原因になります。そして体に必要なエネルギーが不足することで、脂肪と共に筋肉まで減少してしまうことに。筋肉量の減少と基礎代謝量の低下はイコールなので、結果として痩せにくい体質を招いてしまいます。糖質制限を短期間で行う分には構いませんが、長期間に及んだり、過食と糖質制限を繰り返すというだらけた方法は逆効果と言えます。

ロカボは糖質摂取が可能

ご存知の方も多いと思いますが、糖質は三大栄養素のひとつと言われています。そして過度な糖質制限を行うことにより、精神的不安定はもちろん健康状態が悪くなる場合もあるので注意が必要です。長期間かつ健康的に痩せたいと願うなら、ゆるやかな糖質制限「ロカボ」でストレスなくダイエットを行いましょう。ロカボにおける1食の糖質摂取量は20~40g、加えて10gまでなら間食もOKです。1日に換算すると、最高130gまで糖質を口にすることができます。この摂取量が多いか少ないかの判断は人それぞれですが、健康面・精神面を考えるなら、断然ロカボの方が優秀と言えます。