炭水化物は生きるために必要な栄養素のひとつ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年9月1日

炭水化物は生きるために必要な栄養素のひとつ

炭水化物を食べ過ぎると太りやすくなるという話を聞いたことがある方、多いと思います。それほど、ダイエットをする時にはなるべく炭水化物を控えるように、という話が広まっているますよね。炭水化物は、人間が生きるために大切な5大栄養素のひとつです。ごはんやパン、麺類など日常的に食べるものに多く含まれていますから、毎日の食事で多少なりとも私たちは炭水化物を摂取しています。主食に限らず、おいしい食べ物に炭水化物が多く含まれていることも多いため、つい食べすぎてしまうことも珍しくない栄養素なのです。

炭水化物で太るメカニズムとは

炭水化物は、糖質と食物繊維によって構成されています。糖質を含む炭水化物を摂取すると糖質がブドウ糖になって血糖値が上がると、糖質を処理するインスリンが過剰に分泌されます。インスリンの働きによりブドウ糖が中性脂肪に変わり、体に溜め込んでしまいます。これが、炭水化物で太るメカニズムです。じゃぁ、炭水化物を完全に断てばいいのんでは?と思われがちですが、先述のとおり炭水化物は生きるために大事な栄養素です。体や脳を動かすために欠かせない栄養素なので、炭水化物を極端に抜いた食生活を続けると、さまざまな影響が起こり得ます。

炭水化物を完全に抜くのは危険!

体のエネルギー源である炭水化物不足になると、まず筋肉が減ります。炭水化物抜きダイエットで体重がすぐ落ちることは多いのは、筋肉や体の水分が減るためなんですね。また、糖質が減って低血糖になり、集中力の欠如や倦怠感を感じることも。さらに、肝臓に負担がかかって肝機能に悪影響を及ぼし、重大な病気の原因を作りかねません。つまり、炭水化物を抜きすぎて炭水化物不足状態にまで陥ると、ダイエットどころではない体調不良を引き起こすこともあるので、ダイエットのためには炭水化物を断つのではなく、多く摂りすぎないことが大事です。

適切な量の炭水化物をたんぱく質と共に摂取するのがポイント

ダイエットをするためには、適切な量の炭水化物を摂取するのがポイントとなります。1日あたりの摂取量の目安は、自分の体重をkgからgに置き換えた量です。たとえば体重60kgなら60gの炭水化物を1日の摂取量の目安にしましょう。ちなみに、一般的なお茶碗1杯分のごはんは約59gだといわれています。ですから体重60kgの方なら1日お茶碗1杯のごはんが大体の目安となります。そして、炭水化物を減らしている時に筋肉を落とさず、基礎代謝量を下げないようにするために、たんぱく質も同程度の量を摂取しましょう。