カロリーを制限するダイエット!あなたに向いている?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年9月1日

ダイエットを選ぶ前に知っておくこと

現在多くのダイエット方法が存在します。その分パターンが増えてしまい、どれを選べばいいのか悩ましいですね。最もポピュラーなものが「食べ物そのものを減らすカロリー制限ダイエット」です。ストイックな方法ですが、選択肢のひとつとして候補に上げてもよいでしょう。なぜならばダイエットはその人の気質や体質によって、向いているかどうかが決まるからです。どのみちダイエットには制限しなければならない、ある程度の負荷がかかる面があります。いろいろ資料を集め、どれを選べば自分は続けられるのか、考えてみましょう。"

カロリーダイエットが向くのはこんなタイプ

カロリーを制限して痩せる方法は、手間を惜しまなかったり、理論性を重視するタイプに向いています。例えば「勉強などでノートにあれこれ書くのが楽しかった」「達成感を味わいたい」「漠然としたおおざっぱな方法には不安を感じる」という人は、カロリーダイエットで効果を得られる可能性が高いのです。また、運動が大好きで、定期的に体を動かす習慣がある生活をしていると、相乗的に体重を減らしやすいと言われています。古典的でストイックな方法とも解釈されますが、理論的には納得しやすいので、気持ちの面でも安心を感じられます。

カロリーダイエットをすべきタイプ

カロリーを制限するダイエットは、食べ物のカロリーを記憶するなど、学習的な行為が必要となります。記憶したり、記録するのが大好き!いう人にはとても有効な方法です。そして何よりもカロリーダイエットに向いているのは「炭水化物を減らしたくない!」という事情がある人です。なぜなら、糖質制限やロカボダイエットは炭水化物を限定するのが絶対条件です。納豆や大豆製品、そしてチーズ(タンパク質)がどうしても苦手な人も、糖質制限は厳しくなります。そこに抵抗感があるのなら、カロリーダイエットに切り替えましょう。

ダイエットにおけるメンタル面を重視して

あらゆるダイエットをする面で、重視すべきなのは、心理的抵抗感が少ない方法であるか知っておくこと。シンプルな方法はたくさんありますが、心のどこかで「これでいいの?」と疑問に思ってしまうものは、不向きと判断してください。メンタル的に引っかかる方法は、解決的なアドバイスがあって納得しなければ、どうしてもモチベーション低下につながってしまいます。長年の食生活を急に切り替えることに不安があるのなら、現状をなるべく変えないようなダイエット方法を選択しましょう。減量にかけるストレスは、最低限に絞り込めれば良いのです。