お肉のカロリーとオリーブオイルについて学ぼう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年9月1日

体重計の上で考えることは正しいの?

痩せたい食べたい、止まらない。そんな気持ちがグルグルして、体重計の上で悲しくなってしまう人はとても多いように思えます。体重計に示された数値を眺めて「昨晩食べたモノ」を思い出し、あれが悪かった、これがダメだった……とやみくもに考え込んでしまうこともありますね。しかし本当にあなたの考え方は正しいのでしょうか?肉や油が悪者と思い込んではいませんか?高カロリーと思い込んでいる食べ物について、もうちょっと詳しく学びましょう。口に入れるモノについての知識を得て、ダイエットの味方にしてしまうのです。

お肉だって選べばこんなに低カロリー

まずは牛肉ですが、もも肉(赤身部分)は100グラムにつき140カロリーです。ヒレ肉なら185カロリー。肉の部位に気を付けてチョイスすれば、摂取するカロリー量をグっと抑えれます。

鶏肉はささみなら100グラムにつき114カロリー。むね肉121カロリー。パサつく、という感想もありますが、調理次第でまろやかにもなります。しかし皮付きもも肉なら253カロリー。

豚肉であればヒレ肉100グラムにつき115カロリー。もも肉なら183カロリーです。しかしバラ肉なら386カロリーに達します。ここでも部位でかなり違いがありますね。賢く選んで調理すれば、カロリーダウンも簡単です。

オリーブオイルを味方にしましょう

オリーブオイルでダイエット!という専門家もいます。ただし低温保存した、生のエクストラヴァージンオリーブオイルのみに限ります。精製した普通のオリーブオイルでは、ポリフェノールを含むオリーブの有効成分が減ってしまうので、ダイエット効果は期待できません。オリーブオイルは1グラムあたり、約9カロリー。大さじ1杯120カロリーです。しかしオレイン酸などの栄養素が、血液の中の悪玉コレステロールを減らし、空腹感を抑える働きをします。オイルの場合、カロリーというよりは種類と調理法でダイエット効果に違いが出ます。

知的に生活変化を選び取りましょう

やみくもに、この食べ物はダメと決めつけるのではなく、知識をもとに食べる食材を選ぶようにしましょう。同じお肉でも、部位を選べばカロリーが半減しますし、オイルでも食べ方によってはダイエットの味方になります。どうしても気になる人は、カロリーについて記載されているハンドブックやアプリを手元に置いておくといいでしょう。また、複数のレシピを知っておくと、メニューがマンネリにならず安心ですね。ある女性は、1年間肉の脂身を断ったところ、好みが変わって赤身のお肉しか食べられなくなったそうです。習慣が変われば味覚も変わるものですね。