腸内環境がダイエットに影響?ビフィズス菌摂取で肥満を予防しよう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

2018年6月23日

ヨーグルトでビフィズス菌を摂ろう!

ヨーグルトと言えばビフィズス菌。そしてビフィズス菌と聞くと、体に良いというイメージを持たれる方がほとんどかと思います。朝食や間食の際などに、お好みのヨーグルトを口にする方も多いことでしょう。便秘解消や美容など、毎日の健康を支える上でも必要不可欠な存在と言えます。ビフィズス菌は、整腸作用に優れていることで有名です。そしてダイエットと腸内環境は、私たちが思う以上に密接な関係にあると言えます。これから腸内環境を整える大切さや、ビフィズス菌のダイエット効果についてフォーカスしたいと思います。

腸内環境が悪化すると・・・

腸内環境の良し悪しは、私たちの体調に顕著に現れてきます。腸内環境の悪化と聞くと便秘の症状を想像しがちですが、実はそれだけに止まりません。免疫力が低下し、アレルギーや風邪などを招く原因になります。ひどい場合は生活習慣病、即ち高血圧や糖尿病のリスクを高めることに。また、女性は美容に敏感ですが、腸内環境のバランスが崩れることで肌トラブルに繋がったり、体のむくみを感じやすくなります。最近メイクのノリが悪い、肌荒れが目立つと感じたら、腸が疲れている可能性大。美容やダイエットに興味がある方は、まずは腸内環境の見直しを優先させることが重要と言えます。

腸内細菌に注目!

人の腸内には、「バクテロイデス門」と呼ばれる腸内細菌が存在します。脂肪の吸収を抑えるはたらきがあるとされ、痩せやすい体質の方は特にこの細菌が多いと言われています。要は太りやすい方ほど、バクテロイデス門が少ない傾向にあるのです。また腸内には善玉菌、悪玉菌が存在しますが、バクテロイデス門を増やすには善玉菌を優勢にすることが重要。そしてビフィズス菌を多く含む食材には、善玉菌を増やすはたらきがあるとされています。ビフィズス菌は腸内環境を整えることで有名ですが、ダイエットの進捗をスムーズにする作用もあるのです。

善玉菌増殖をサポートするオリゴ糖

ビフィズス菌をヨーグルトから摂取することも大切ですが、より効果的に善玉菌を増やしたいなら、オリゴ糖を活用することをお薦めします。オリゴ糖は、善玉菌のエサのようなもの。意識して摂取することで、善玉菌の増殖に繋がります。オリゴ糖の種類は様々ですが、整腸作用の高いオリゴ糖ならフラクトオリゴ糖が最適です。フラクトオリゴ糖は、虫歯になり辛い甘味料として有名。バナナやアスパラガス、タマネギなど、私たちの身近な食材に含まれています。ただし過剰摂取によりお腹が緩くなることもあるので、程よくこれらの食材を摂るよう心がけてください。