悪玉菌を一掃!腸活をサポートする食材とは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

2018年6月28日

美や健康に影響を与える、腸内環境を見直そう

女性は便秘になりがち。偏った食生活やトイレの我慢、運動不足など、便秘の原因も様々です。またストレスなど、メンタルダウンが原因になることも多々あります。そして便秘の症状が長期化してしまうことで、私たちの健康に多大な悪影響を及ぼしてしまいます。体のだるさや腹痛をはじめ、肌荒れや肥満など、体に与えるダメージは相当なものです。ひどい場合だと、痔や頭痛などを発症させてしまうことも。そう、腸内環境と健康は、切っても切れない関係なのです。毎日を健康に、快適に過ごしたいなら、まずは腸内環境を見直すべきと言えます。

「腸活」で健康&ダイエット効果を手に入れる!

数年前から、腸内環境を整える「腸活」が話題になっています。私たちの腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しますが、腸活は善玉菌を増やすことが目的です。善玉菌が増え腸内環境が整うことで、快便の促進はもちろん、美肌作りや病気の予防に繋がるからです。またダイエットの進捗もスムーズになるので、腸活は体のサイズダウンを目指す方にもオススメと言えます。では、どのように善玉菌を増やすのでしょうか?そのヒントは、ズバリ食物繊維と乳酸菌。特に食物繊維は善玉菌のエサになるので、日頃の食事に積極的に取り入れたい栄養素と言えます。

水溶性食物繊維に注目

一言で食物繊維と言っても、その種類は「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」に分けられます。そして、善玉菌のエサとなるのが水溶性食物繊維。ゴボウや人参、大根や海藻などが主な食材です。もちろん、椎茸やエリンギ、インゲン豆などに含まれる不溶性食物繊維も、便の排出を促す上で必要不可欠な存在です。これら2つの食物繊維を日頃の食生活にバランスよく取り入れ、腸内の大掃除を行ってください。またおやつや間食など、口寂しいときにも食物繊維をチョイスしましょう。甘いものを口にしたいときは、キウイフルーツやキンカンなどがオススメです。

乳酸菌で腸活を促進

ヨーグルトやチーズには、善玉菌が豊富に含まれています。そしてこれらの食品を口にすることで、より腸活を促進させることが可能です。特にヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌もたっぷり。毎日でも口にして頂きたい食品と言えます。とは言っても、善玉菌を育む食物繊維は微量なので、フルーツなどと一緒に摂取することをオススメします。2つの食物繊維と乳酸菌。以上が腸活に役立つ栄養素ですが、食事面だけではなく、前述のようなライフスタイルも併せて改善することが大切です。定期的な運動やストレス解消を心がけ、スッキリお腹を目指しましょう!