ビフィズス菌を増やす「腸活」メソッド

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

健康、ダイエットにはまず「腸活」

腸内環境を整える食品と言えばヨーグルト。「腸活」ブームも手伝って毎日欠かさず食べている人も多いでしょう。腸内環境改善は、体への影響だけでなくダイエットにも必要不可欠です。そしてヨーグルトと言えばビフィズス菌。私達の腸の中には数千種類を超える細菌がすんでいてその多くは大腸にすんでいます。その中の善玉菌の代表がビフィズス菌。消化吸収や整腸作用などさまざまな形で健康をサポートしてくれます。ただこの体に有用なビフィズス菌は加齢やストレスで減ってしまう事も。そうならないためにもビフィズス菌を増やす方法をご紹介します。

基本はヨーグルト

まずは毎日のヨーグルトでビフィズス菌を摂ること。腸内細菌のバランスは1日サイクルで入れ替わっています。毎日摂る事が大切です。ここで注意したいのが全てのヨーグルトにビフィズス菌が含まれてはいないということ。選ぶときはビフィズス菌入りのものを。そして良く耳にする「生きて腸まで届く」というキーワード。ビフィズス菌が腸に良い働きをするには「生きたまま」が重要です。ただビフィズス菌は酸に弱いので、ヨーグルトを食べるのは胃酸が薄まる食後がおすすめです。最近では胃酸に強いとされる「プロバイオティクス」製品もあるので要チェックです。

相性抜群!オリゴ糖

今度はお腹の中のビフィズス菌を増やす方法です。カギを握るのはオリゴ糖。オリゴ糖には腸内の善玉菌の栄養となる働きがあります。オリゴ糖と一緒にビフィズス菌入りのヨーグルトを食べれば、菌の栄養となってビフィズス菌を増やしてくれて相乗効果抜群。またオリゴ糖は胃や小腸で消化されにくく、カロリーも普通の砂糖の半分程度です。摂取カロリーも抑えられダイエットにもよいですね。バナナなどオリゴ糖が多くふくまれているものもお勧めです。ただ一度にたくさん摂るとお腹が張ってしまったり、お腹を壊してしまう事もあるので注意しましょう。

摂ろう!食物繊維

食物繊維を摂ることもお勧めです。食物繊維は善玉菌のエサとなり善玉菌であるビフィズス菌を増やすとともに、悪玉菌や腸内の有害物質を減らしてくれるという頼もしい働きをしてくれます。食物繊維には水に溶けにくい不溶性と溶けやすい水溶性がありますが、水溶性食物繊維の方がより善玉菌のエサとなりやすいと言われています。昆布、ひじき、わかめ、さといも、にんにく、果物などの水溶性の食物繊維を意識して摂ると良いですね。従来の食生活を見直して、善玉菌であるビフィズス菌を増やし、バランスの整った腸内環境を目指しましょう。