脂質の大量摂取で痩せ体質に?目から鱗なケトジェニックダイエット!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年7月19日

脂質を味方にしよう!

ダイエットの大敵となる脂質。揚げ物やケーキなどに多く含まれ、食べ過ぎることで肥満を招いてしまいます。減量達成へのモチベーションを保つために、月に一度のご褒美としてこれらの食材を口にする方も多いことでしょう。しかし、脂質も立派な五大栄養素。使い方次第では、ダイエットの味方になることをご存知でしょうか?これからレクチャーするケトジェニックダイエットは、なんと脂質の大量摂取で痩せ体質に繋げることが可能。とは言っても、あらゆるダイエット法には制限がつきものです。ぜひ最後までご覧頂き、ケトジェニックが自身に合うか否か確かめてください。

動物性の脂質はNG

ケトジェニックは、とあるサッカー選手がダイエットに活用していることで一躍有名になりました。そしてこのダイエット法の基本は以下の2つ。脂質を多く摂ることと、炭水化物を控えることです。また肝心な脂質量ですが、なんと1日の摂取カロリーのうち、約6割もの量を摂ることが必要になります。これは、通常の食生活では考えられない脂質量です。しかし一言に脂質とは言っても、その種類は様々。そして動物性特有の質の悪い脂、即ち飽和脂肪酸を大量に摂取することはご法度です。ちなみに飽和脂肪酸とは、チョコレートやバター、牛乳などを指します。

良質な脂質でケトーシス状態に

ケトジェニックで用いる脂には、オイルやサプリメントなどが最適です。先ほど、このダイエット法には糖質制限が必要になると述べましたが、ケトジェニックは身体をケトン体に導くことが最大の狙いと言えます。糖質を欠乏させ脂質を摂取することで体内のエネルギーが産生され、体脂肪燃焼に拍車が掛かります。この別名ケトーシスとも呼ばれる状態を作るためには、良質な脂質、つまりは中鎖脂肪酸や魚油が必要になります。オイルで言えばMCTオイル、サプリメントであればEPAやDHAなどが含まれたものを摂ると良いでしょう。

空腹感とは無縁なケトジェニック

糖質制限を用いるダイエットは、食事に対する満足感が削ぎ落とされがちです。また人によっては、身体の倦怠感や集中力の低下を招く場合もあります。しかしケトジェニックダイエットを正しく行えば、辛い空腹感を避けることが可能です。また睡眠の質が良くなったり、肌荒れ防止に繋がるという嬉しいメリットも期待できます。更に、眠気がなくなり頭も冴えるというおまけつき!日常生活に支障が出ることはほとんどありません。どのダイエット法にもある程度の我慢がつきものですが、ケトジェニックの場合はサプリメント・オイル購入など、コスト面の負担のみと言ったところです。