ビタミンBとビフィズス菌を使って腸内環境を正そう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

適度な食物繊維で腸を健康に!

「さあ、痩せよう!」と思い、食事制限をしたとしましょう。当然摂取カロリーが抑えられ、ぐんぐん減量できるかなと、期待することもあります。ただし、単純に絶食しては、例え痩せたとしても、お肌の具合が悪くなったり、ほうれい線が目立つようになってしまう人もるので、注意してください。食事制限にはバランスが必要です。食物繊維はダイエットでも決して抜いてはいけないものなのです。腸内環境を整え、便秘を解消する効果があります。腸がしっかり動かないと、ビタミンBの摂取量が減ってしまうという説もあるのです。困ってしまいますね。

ビタミンB群を摂取しよう

むりに食事を制限してしまうと、腸を正常に動かすのに必要なビタミンB群が、ちゃんと吸収されません。ビタミンB群は腸を正しく機能させ、精神面にも影響を及ぼす万能的な作用をします。逆にこれらが不足した場合、やはり便秘になってしまったり、不眠やイライラの原因にもなってしまうので、あまり健康なこととは言い難いですね。それに便秘をすると、お腹が張った状態になってしまい、ポッコリしたシルエットになりがちです。悲しくなりますね。では整腸作用のあるモノはどうやって入手すればよいのでしょうか?そこで登場するのがビフィズス菌です。

ビフィズス菌との組み合わせは最高!

腸内環境を整える善玉菌というものがあります。その代表ともいえるのが「ビフィズス菌」です。ビフィズス菌が増えると、腸の中の悪玉菌の増殖が低下します。結果的に腸が活動しやすくなり、毎朝のお通じがしやすくなるのでした。加齢とともに減りやすくなるビフィズス菌。アラフォーを過ぎたら積極的にサプリなどでいただきたいもの。さらにビフィズス菌には、ビタミンB群を生産する作用も期待されています。この二乗効果で快便から美肌、さらには安眠などのメンタルの安定が手に入るでしょう。健康さをアピールする美しさにグッと近づけます!

ビフィズス菌サプリの上手な飲みかた

ビフィズス菌サプリを飲むのであれば、夕食後から就寝前がおすすめです。朝や昼など、胃酸が活発になる時間帯を避けるのが、賢明と言えましょう。また、40度くらいのぬるま湯で飲むと、より効果的です。オリゴ糖と併用するとさらに効果的であるという意見もあります。試してみる価値はあるのですが、糖分の過剰摂取にもなってしまう人もいるので、控えてもかまいません。ごくシンプルに、寝る前にぬるま湯でビフィズス菌サプリを飲む。これを続けるだけで、さまざまなダイエット、そして健康効果が望めるのであれば、すばらしいですね!