食物繊維を上手に取り入れましょう

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

たくさんの働きをする食物繊維

食物繊維とは、胃で消化されずに、大腸に届く食品の成分です。主な役割は、便秘の予防ですが、血液中のコレステロール濃度を低くさせたり、血糖値上昇を抑える作用が確認されています。万能とも言えるほどの食品成分ですね。ところが、食物繊維は現在の日本人には不足気味ではないのかという調査結果が出ました。食事が洋風化するにつれ、和食で摂れていた食物繊維が減っているのです。豆や野菜、きのこ類から海藻類を食べていた昔の食生活は、実はとても理にかなっていたものでした。きんぴらごぼうやしらたきのお惣菜は、豊かな食物繊維の宝庫だったのです。

1日にどれくらい摂取すればいいのか?

子供から老人まで、推奨摂取量に差はありません。8歳から69歳までは、男性の場合1日あたり20g以上、女性の場合は18g以上とされているのです。ただし現代の食生活で、これを自然に摂るのは困難なようです。2015年に実地された調査でも、ほとんどの日本人が推奨摂取量の半分程度にしか、食物繊維を摂ることができませんでした。人種的に腸が長いとされる日本人ですから、やはり積極的に食物繊維を摂りたいですね。基本的に和食に食物繊維が多いのですが、毎日三食和食に徹底するのは手間もかかりますし、そもそも困難です。そこでサプリを飲んで、手軽に摂取しましょう。

食物繊維は二種類に分けられる

食物繊維には、「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類が存在します。これらには違った特徴があるので、覚えておくとダイエットの強い味方になるでしょう。まず「水溶性食物繊維」ですが、これは安全性が高く、整腸作用に優れています。食後の血糖値の上昇を抑制する作用もあるので、健康面にも役立ちますね。ただし飲み過ぎると下痢や軟便になってしまうことがあります。「不溶性食物繊維」は、水に溶けにくく、腸内で満腹感を維持する役割を持つものです。食べ過ぎを抑制する効果がありますが、飲み過ぎると逆に便秘になることがあります。

上手に食物繊維サプリを使おう

バランス良く摂取すれば、サプリはダイエットの味方になります。ただ漠然と購入するのではなく「水溶性食物繊維を1とし、不溶性食物繊維を2の割合で飲む」ことが推奨されています。この割合を守ると良いでしょう。いろいろなタイプのサプリが販売されていますが、最もお手軽なのが錠剤タイプのものです。持ち運びしやすく、水分があればすぐに飲めるから。コストも抑えやすいので、どの食物繊維サプリを選ぼうか悩んだら、まず錠剤のものを購入しましょう。自分の好みに合ったタイプのサプリがあるなら、そちらを優先してかまいません。