腸内を整えるぬか漬けのダイエット効果!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

三種類の腸内細菌

第二の脳とも呼ばれる腸は、神経伝達物質を通して脳と繋がっているため、腸内環境が乱れると全身の健康状態にも影響を及ぼします。腸内細菌には、悪い影響を与える悪玉菌と良い影響を与える善玉菌、腸内環境によって働きが変化する日和見菌の三種類が生息しており、この菌の生態系を腸内フローラと呼び、健康や美容に敏感な方などから注目を集めています。日和見菌は、悪玉菌が増えることで悪い影響を与える菌に変化してしまうので、腸内環境を整えるには、今ある善玉菌を育てながら悪玉菌を減らし、善玉菌の量を増やしていくことが大切です。

ぬか漬けの凄いパワー

善玉菌を増やすための栄養となる、水溶性の食物繊維やデンプン、オリゴ糖などを含んだ食材や発酵食品は、和食と相性が良くこれらをバランス良く摂取することができます。中でも、ご飯のお供として定番化している「ぬか漬け」は、日本伝統の発酵食品であり、乳酸菌などを筆頭に実にたくさんの善玉菌を含んだ食べ物なのです。ぬか床には、タンパク質や食物繊維、ビタミン・ミネラルなどと共に1g約10億の乳酸菌が含まれおり、漬けた食材にその豊富な栄養素が吸収されるので、ぬか漬けを食べると腸内環境が整い、免疫力が高まるとも言われています。

ぬか漬けとダイエット

普通に生野菜を食べるより栄養素が大幅にアップするので、生野菜に含まれる代謝機能を向上させ、日々の消費エネルギーが増やし痩せやすい体質改善に効果的な酵素や、糖質をエネルギーに変換しやすくし摂取し過ぎた糖質を蓄積させないようにする効果が期待できるビタミンB1、B2などを効率よく摂取することができます。ぬか漬けに含まれる植物性の乳酸菌は、胃酸に強く生きたまま腸に届くことができるので、老廃物を排出しやすくデトックス効果やダイエットの敵である便秘予防効果も期待でき、ダイエットとの相性も抜群です。

ぬか漬けのポイント

自宅でぬか漬けをつくる場合、目的に合わせて定番の生野菜や変わり種の魚や肉、ゆで卵など自由に選んで漬けることができますが、一方で毎日混ぜたり手間がかかるという意見もあります。ぬか床には、米油の保湿作用でぬか漬けを食べなくとも美肌効果が期待できるので、女性の方やツヤのある手を目指す方には自宅で漬けてみるのがオススメです。気になる塩分ですが、ぬか床や野菜に余分な塩分を排出する働きのあるカリウムが含まれているので、持病がある方以外はあまり気にしなくて良いと言われています。食べ過ぎないように注意しましょう!