魚は刺身と火を通すのとどちらがいい?DHAの効果的な摂り方

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

美容や健康に欠かせないDHAの効果

DHAは、ドコサヘキサエン酸という不飽和脂肪酸で、主に魚の脂に含まれています。本マグロやイワシやサバなど、背の青い魚に多く含まれ、脳神経細胞を活発にし、コレステロールを下げる働きがあるのです。また、骨粗しょう症や筋肉機能をキープするビタミンDのほか、抗酸化作用のあるビタミンEが入っているので美しく健康な体の為の栄養素がたっぷり。サプリメントで手軽に摂ることもできますが、食事としてもしっかり摂りたいですね。DHAを効果的に取り入れるには理想的な食事のタイミングや料理方法があるのです。ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

DHAはいつ食べるのが効果的?

DHAは脂の一種なので、腸の中で吸収が悪く、栄養素を分解させる消化酵素によって初めて吸収が良くなります。空腹時の最初にDHAを摂取すると消化が悪く、十分に吸収されずに排泄の量の割合が高くなることも。それではせっかくのDHAの効果が得られませんね。そこで、食事の順番として食物繊維が多く含まれる野菜から食べるのをおすすめします。野菜を最初から食べると血糖値の上昇を抑えることができ、体を太りにくくさせる働きがあるので、ダイエット的にも望ましいですね。サプリメントでDHAを摂取するタイミングも食後に摂取するようにしましょう。

DHAを含む食材はどんなものがある?

DHAは魚介類のなかでもイワシやサバ、サンマ、アジ、クロマグロなどの青魚に豊富に含まれているのは知られています。その他の食材には大豆やエゴマ、菜種油に含まれています。大豆なら豆腐や納豆、豆乳など普段のメニューに取り入れられやすいですね。青魚を調理するのが苦手、という人にはスーパーなどに売っているサバの缶詰などが料理の手間もかからず、臭みがなくオススメ。缶詰だとDHAは分解されずに残りやすい性質があるため、加工されていても栄養素が取れます。缶詰のオイルにDHAが溶け出しているので、汁は捨てないで使いましょう。

DHAが豊富な魚は刺身と火を通すのとどちらがいい?

DHAは熱に弱いので、魚は刺身で食べるのが一番です。煮たり焼いたりするとDHAが煮汁に溶け出してしまい、調理している間に失いやすく、油で上げると半分以上のDHAが失われてしまう可能性があります。だからといっていつもお刺身では鮮度の心配もありますし不経済ですね。ここで料理を一工夫して、野菜やキノコと一緒にホイル焼きにすれば魚のDHAがキノコに染み込んで逃げません。また、焼き魚にするなら小麦粉をつけてフライパンで焼き、魚の脂を封じ込めるムニエルの方法も。煮魚の煮汁も捨てないように、溶け出したDHAも美味しく食べましょう。