腸内細菌を味方につけて、ダイエット成功を目指そう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

腸内細菌とは?

「腸内細菌」とはその名の通り腸内に住む細菌達のこと。多種多様な数百種の細菌達が暮らしており、その数なんと600兆個以上!500mlのペットボトル4本分にもなるそうです。小腸から大腸にかけて、種類ごとにグループを作って住んでいる姿は、顕微鏡で覗くとまるで花畑のように見えることから腸内フローラとも呼ばれています。腸内細菌は大きく分けて3つに分けられます。体にとって良い働きをする「善玉菌」、体に悪い働きをする「悪玉菌」、中立の立場にある「日和見菌」です。日和見菌は善玉菌と悪玉菌の様子見をし、数が優勢な方につきます。

善玉菌、悪玉菌の働きと影響

善玉菌の代表的な菌は「乳酸菌」と呼ばれる細菌達。乳酸菌の中でもビフィズス菌は、CMなどでよく耳にしますよね。これらは悪玉菌の侵入、増殖を防いだり腸の運動を促してくれるため、お腹の調子がよくなります。一方悪玉菌は黄色ブドウ球菌などがそれにあたります。腸内で増えてしまうと便秘や下痢などを引き起こし、お腹の調子が悪くなってしまします。便秘になってしまうとお肌の調子も悪くなってしまうので、美容面でも悩みのタネに。腸内の環境を良く保つためには、善玉菌を悪玉菌より増やし、日和見菌に味方をしてもらう必要があります。

善玉菌に良い環境を整える方法

善玉菌を増やすためにはお通じを良くしておく必要があります。便が溜まるとそこから悪玉菌が発生してしまうためです。まずは目覚めにコップ一杯のお水を飲むことから始めましょう!朝は、体が排出しようとする時間です。消化器官が敏感になっているこの時間帯にお水を勢い良く飲むことで、その重みで腸の動きが刺激されスムーズな排出に繋がるとのことです。また「腸もみエクササイズ」で腸に直接アタックするのもおすすめです!仰向けになり、おへその周りを指で反時計回りに押していきましょう。こちらも腸の動きを促進すると言います。

善玉菌を増やす・育てる食事とは

食事から善玉菌を増やす方法も。善玉菌の一例として上記したビフィズス菌は、オリゴ糖をエサとして成長します。オリゴ糖が多く含まれているお野菜や豆類を摂りましょう。善玉菌を育てる環境を整え、善玉菌の含まれた食品を摂ると尚効果的と言われています!代表的なのがヨーグルト、乳酸菌飲料です。また、漬物やみそなどの日本独特の発酵食品も良いとされています。悪玉菌を増やすお肉は控えめに、お野菜、豆類、発酵食品を中心に食事メニューを考えましょう。善玉菌を増やして日和見菌を味方につけ、美容と健康を手に入れましょう!