善玉菌を増やす食材で、楽々キレイにダイエット!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

3つの腸内細菌の役割

腸内細菌は、善玉菌・悪玉菌・日和見菌と3つ存在します。善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌など、腸内環境を整えてくれるダイエットの味方。悪玉菌は、腸内の中で有害物質をつくりだしてしまうなど、腸内環境を悪化させてしまう性質があります。日和見菌は、善玉菌でも悪玉菌でもない菌のこと。腸内環境の理想のバランスは、善玉菌20%・悪玉菌10%・日和見菌70%といわれています。日和見菌は、腸内でたくさんある方の菌の味方をしてくれるので、善玉菌の割合を増やしておくことが大切です。ここでは、善玉菌をどう増やすか、腸内環境を整えるための食材をご紹介していきます。

キーワードその1:食物繊維

腸内環境を整えると、消化・吸収・お通じがよくなり代謝が高まります。つまり、腸の働きを良くするということは、ダイエットを成功させる基礎として重要な工程なのです。それでは早速腸内環境を整える食材をご紹介していきましょう。腸内環境を整える食材キーワードその1は「食物繊維」。バナナ・さつまいも・ごぼう・大豆・プルーンがオススメの食材です。また、アボカドやキウイなどにも食物繊維は含まれています。カフェメニューでも多く使用されるアボカドは、美容にも腸内環境にも最適の食材。バナナやキウイでフルーツ朝食にしたりと、様々な方法で食物繊維を楽しく摂取していきましょう。

キーワードその2:オリゴ糖

腸内環境を整える食材キーワードその2は「オリゴ糖」です。玉ねぎ・キャベツ・豆乳、そして食物繊維でも紹介したバナナ・ごぼう・大豆もオリゴ糖を含んでいます。豆乳でキャベツと玉ねぎを煮込んでスープにしたり、食物繊維の多いさつまいもと、キャベツを茹でてサラダにしたりするのもオススメです。バナナは食物繊維もオリゴ糖も含む最強食材。そのままでもよし、焼いてケーキにしたりパンケーキに添えたり様々な楽しみ方があります。色々な食材を組み合わせて、飽きがこないメニューを考えながら楽しく続けて腸内環境を整える食事を継続していきましょう。

キーワードその3:乳酸菌

腸内環境を整える食材キーワードその2は「乳酸菌」です。代表的なのはヨーグルトです。その他にも、チーズ・キムチ・塩こうじ・ぬか漬けなどがあります。手軽に乳酸菌を摂取しようとする際、ヨーグルトが思い浮かぶかと思います。その時に注意したいのが、自分との相性です。乳酸菌には種類があり、「ガセリ菌SP株」「LB81乳酸菌」などがあります。ガセリ菌は内臓脂肪を減らす効果が、LB81乳酸菌は免疫を高めてくれる効果があると言われています。自分の体質にどちらが合うかも含めて、いろんなヨーグルトを試してみてくださいね。