新時代のプロテインはアスレチックフードに決定!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年9月17日

ニューヨーク発のアスレチックフード

もはや新しい時代を駆け抜けるプロテインとして、世界中から熱い視線を浴びているアスレチックフードです。ダイエットのみならず、健康寿命を延ばしたいシニア世代からも支持されるという、最先端のダイエット食品。

アスレチックフードを摂取しながら、体を動かし、さらに食生活を見直して、その人自身が持つ体内リズムを正すという働きが期待されています。そして原材料にアレルギー成分が少ないというのも特徴。大豆などに不安を感じていた人には朗報なのです。まさに「美と健康のために開発された」と言っても過言ではありません。

アスレチックフードでヘルシービューティーを目指せ!

アスレチックフードはアミノ酸が豊富で、さらに高たんぱくで低カロリーなものです。人間の体は筋肉から内臓、髪の毛や肌、爪にいたるまでたんぱく質でできています。もちろん、たんぱく質が不足すれば筋肉は減って働きを弱めてしまい、基礎代謝が低下し、そして太りやすくなります。

しかししっかりたんぱく質を摂取すれば、筋肉量が増えて髪も肌も本来の輝きを取り戻すでしょう。比較的安全性の高いアスレチックフードを、きちんと摂れば、健康や美しさのサポートになりますね。その上、鉄分も含まれているので、貧血予防にもなります。

効率よくアスレチックフードを利用するには?

運動やエクササイズと併用するのがアスレチックフードの基本です。そして食事のタイミングも関わってきます。アスレチックフードは、何時に飲むべきだ、という明確なルールはありません。効率よく利用するには「運動」「食事」を組み合わせて摂取しましょう。脂肪を減らしたい、脂肪燃焼を目指したいのであれば「エクササイズの後に食事とアスレチックフード」という組み合わせが良いでしょう。


筋肉増強を目的にするのであれば「エクササイズの前に食事とアスレチックフード」という計画を立てましょう。そしてメリハリボディを構築したいものですね!

筋トレと合わせて!さらに効果を高めよう!

アスレチックフードと最も相性の良いエクササイズは「筋トレ」です。そもそもアスレチックフードはプロテインの一種なので、筋肉増強によってダイエット効果を目指すもの。

しかしスポーツジムまで行くのは面倒、と悩む必要はありません。スクワットや腕立て伏せ、または腹筋だけでも充分筋トレとして認められます。大事なのは継続すること。

逆にランニングなどの有酸素運動はアスレチックフードとあまり合わないとされています。この場合「筋肉を鍛えて痩せる!」という明確な意識を持った方が、心も納得できてより早く痩せるでしょう。