飽きずに続けられるダイエットレシピ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年9月30日

ダイエットは我慢しないで

ダイエットを始めるときに、まず思いつくのは食事制限でしょう。食事量を減らしたり、食材を減らしたりと食事に過度な制限を設けて体重減少を図りがちですね。数日で体重減少を達成出来ますが、これではすぐにリバウンドしてしまいます。

しかも、空腹を我慢する必要があるために長続き出来ません。ダイエットを始めるには、長期的にゆっくりと体重を減らすこと、筋肉をつくる、身体作りといったように健康的に進められると良いですね。

我慢せずに、楽しくダイエットするために、ここでは飽きずに続けられるダイエットレシピを見ていきましょう。

食事を楽しむ

食事面からダイエットを進めるには、楽しめなければ長続きしませんね。また、栄養のバランスや摂取の仕方を間違えると栄養不足から、体調不良や無気力など心身に大きな影響を与えてしまいます。よく流行っていた単品ダイエットなどは、あまり身体には良くないでしょう。リンゴダイエットやバナナダイエットなど、まずは味覚に飽きが来てしまい、食事の楽しみを失ってしまいます。

食事量を過度に少なくすると、あっという間にリバウンドでかえって体重増加してしまいます。

誰かと食事を楽しむ、美味しいものを美味しいと食べる、食事が楽しみになるなど、食事を楽しんでダイエットを進めていきましょう。

和食で減量

では、いったいどんな食事がダイエットに有効で、飽きが来ないのでしょうか。栄養の面、ダイエット効果の面から見ておすすめなのが日本の発酵食品です。納豆、味噌から始まって、ぬか漬け、キムチ、ヨーグルトなどです。発酵食品のなかに含まれる乳酸菌が腸内環境を整え、さらに脂肪燃焼効果があります。

非常に健康的で、野菜を上手に摂取できる日本の宝とも言える食品ですね。味噌汁や漬物など和食を基本に食事を摂ることで、自然と減量が実現出来ます。

また、玄米や雑穀米にすることでミネラル、食物繊維が豊富でさらに腸内環境を改善します。

おすすめダイエットレシピ

夜ごはんを和食に、そしてご飯をお粥にすることをおすすめします。夕食後、あとは部屋でゆっくり過ごすだけの場合は、消費エネルギーが少ないため、お粥で済ますだけで胃腸への負担がかなり減ります。

また、発酵食品の組み合わせで、キムチと納豆、キムチ鍋や豆乳鍋など野菜を豊富に摂取すると良いですね。

根菜スープで、食物繊維を摂ることもおすすめです。ごぼう、人参、玉ねぎ、ジャガイモなどをゆっくりコンソメで煮込んだり、出汁で煮込み、根菜を豊富に摂取しましょう。

トマトやタマネギをたっぷり入れたポトフなどもおすすめです。