万能マヌカハニー!失敗しない選び方やレシピについて

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

2018年10月13日

希少価値が高いマヌカハニー

ニュージーランドの山奥に生息するマヌカ木。春の終わりには桜のような花を咲かせ、11月初旬になるとマヌカハニーの収穫が始まります。そしてこの蜂蜜、希少価値がかなり高いのだとか。その強力な抗菌・殺菌作用は、傷口の治りを早めたり、風邪の予防や口内炎治療などにも効果抜群と言われています。ニュージーランドでは医療分野における活躍が目覚しく、UMF、即ち抗菌活性成分の数値が高いものほど、より症状を緩和させる効果があるそうです。そして医療分野に限らず、美容やダイエットなどにも優れた効果を発揮するとされています。

マヌカハニーの選び方とは

マヌカハニーは、もはや健康の万能薬と言っても過言ではありません。その証拠として、過去にはマヌカハニーの類似品が多く出回っていました。危機感を感じたUMF蜂蜜協会は、この横行を防ぐべくUMFロゴマークの表示を開始。「本物」に出会いたいなら、まずはロゴマークを確認することが先決と言えるでしょう。ちなみにUMF数値は5~39までとされ、症状の度合いによっても選び方が異なります。5~10までは料理の隠し味をはじめ、風邪予防や健康維持にお役立ち。また、15~20までは消化不良や喉の痛みに効果を発揮し、それ以降は医療用としての使用が望ましいと言えます。

で、ダイエット効果は?

マヌカハニーには、2つのダイエット効果があると言われています。なんとマヌカハニーの殺菌力は、腸内の悪玉菌をやっつける作用もがあるのだとか。悪玉菌が消えて善玉菌の数が増えれば、便秘が解消され腸内環境も良好になります。次に、代謝の向上効果です。マヌカハニーには果糖やブドウ糖が含まれており、これらの栄養素はエネルギーに変換されるスピードが早いことから、内蔵や筋肉の働きも併せて活性化されます。結果、代謝アップに繋がり痩せやすい体質になれるのです。ちなみにダイエットにおけるマヌカハニーは、UMF 10程度のものがおススメと言えます。

マヌカ白湯をつくろう

ダイエットに大活躍なマヌカハニー。基本的な食べ方としては、寝る前に大さじ一杯分を口にすることがベターです。とは言っても、蜂蜜の味が苦手な方にとっては、食べ辛いのではと心配になりますよね。そんな方におススメしたいのが、マヌカハニーを白湯で溶かす方法です。まず、水道水をやかんに入れ強火で沸騰させます。蓋をあけたら、更に15分間沸かし続けます。その後カップに注ぎ、マヌカハニーを投入。木のスプーンでゆっくりとかき混ぜながら溶かします。飲みやすい程度の温度に冷ましたら、マヌカ白湯のできあがり。少しずつ口にし、体を温めてください。