食べかたを工夫して外食でもダイエット!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2018年11月3日

必ず最初にサラダを食べること!

外食しがちな生活をしている人は「これじゃダイエットはムリかもしれない」と、あきらめるかもしれません。ボリューミーな盛り付け、炭水化物の多さ。サービスは嬉しいんだけど、ダイエット的には厳しい状況です。

しかし外食中心の人が全員肥満に悩まさされているわけではありません。逆に自炊でも太る人がいます。この差は何でしょうか?

それは「食べかたの違い」です。食事をするとき、絶対に最初にサラダを食べましょう。インスリンというホルモンの分泌をできるだけ抑えて、脂肪を作りにくくします。サラダの料金は、美しさへの投資です。

強い空腹で食事をしない

仕事や遊びのあとの、空腹感は厳しいものがありますね。そこで食卓に座ってしまうと、思ったよりたくさん食べてしまうことが、よくあります。

空腹感からのドカ食いは、無意識的に行ってしまうのがほとんど。これをコントロールするのも難しいので、まず強い空腹感があったら「水分を多めにとる」「飴を一つなめる」などして、過剰な食欲を抑えます。応急処置的なものですが、覚えておきましょう。

そして基本的に朝食は、抜かないでください。長時間の空腹を避けます。朝は最低でもおにぎり1個や、コーンフレークおおさじ2杯程度の食事をしておくべきです。

よく噛んでゆっくり食べる!

早く食事を済ませて、お昼の時間を有効に使いたい……と考えて、早食いをしてしまう人もいるでしょう。さっそくこの習慣を改めてください。

ゆっくりしっかり食べ物を噛むことによって、満腹中枢が刺激されます。食事の量を2割減らしても、満足できるくらいの効果が期待されるでしょう。さらに薄味の素材に、うまみが感じられるという人もいます。濃い味でサッと食事を済ませてしまわないよう、ゆっくり、できれば素材の良さを味わって、ていねいに食事をしたいですね。そうすれば品性も備わって、魅力的な人格にも近づけるでしょう。

意識的に注意すべきこと

メニューを手に取ったら、野菜が多めのものを選びましょう。コースを頼むなら、先にサラダを付けてもらうことを、習慣にしてください。こってり油のものは、たまのご褒美としてとっておきましょう。レギュラーの食事にすべきではありません。

ごはんや炭水化物は、できれば少量にしてもらうのです。オーダーするときに「ごはんを少なめにしてもらえませんか?」と聞くことは、恥ずかしいことではありません。

外食店舗数は、世界中でも日本は特に多いほうです。競争のためにたくさんのサービスがあります。そこに呑まれないよう、気をつけましょうね。