腸活でポッコリお腹を解消しよう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

2017年9月20日

そのぽっこりお腹、便秘が原因?

太ってないのにお腹が出ている、ダイエットしてもお腹だけがへこまない、そんなに食べていないのに下腹が出てしまう、何だかお腹が垂れているなど、多くの女性が気になるぽっこりお腹。そのぽっこりお腹の原因には腸の働きが大きく関係しています。腸の働きが低下して便秘になるとお腹がぽっこり出た残念なお腹になってしまいます。さらに便秘が続きガスが溜まると下腹部がはって常にお腹が出やすくなるんです。ぽっこりお腹を撃退しキュッと引き締まったウエストを手に入れるために、まずは普段の生活で便秘を引き起こすポイントを見てみましょう。

便秘になる生活習慣

まずは偏食。朝食を抜いたり、偏ったダイエット、外食続きなどでの食物繊維不足により、胃や腸の働きが低下し便秘が進行します。また睡眠不足や過度なストレスも注意です。自律神経のバランスが崩れるとそれにともない腸の運動も低下し便秘に陥ります。運動不足も便秘の原因です。筋力や代謝が低下すると腸の働きも低下させてしまいます。そして下剤の常用も注意が必要です。6ヶ月から1年以上下剤を飲み続けると大腸の運動が低下し、ますます便秘にという悪循環にもなりかねません。日頃の生活習慣を見直し便秘にならない生活を心がけましょう。

食物繊維で腸活

ぽっこりお腹の原因である便秘を解消するためには腸内環境を整えることが第一です。善玉菌を増やし乱れた腸内のバランスを整えるために必要なのは食物繊維。ただ食物繊維と一口に言っても水溶性と不溶性のものがあり、その働きも異なります。りんごやバナナなどの果物やきのこ類、わかめ昆布などの海藻類に多く含まれる水溶性のものは腸の中で溶けて排便をスムーズにしてくれます。一方穀類、いも、豆類などに含まれる不溶性のものは腸の中で膨らみ、腸壁を刺激し蠕動運動を促します。便秘気味の場合はどちらかに偏らず、双方バランスよく摂る事が大切です。

マッサージで腸活

腸もみマッサージは、体の血行をよくし、腸内に溜まったガスや老廃物の排出をよくする効果があります。簡単なのでぜひ日常生活に取り入れましょう。まずは横になって左半身を上にします。お腹の上のほうから時計回りに円を描いて5分間マッサージします。力は入れずやさしくなでるように行うのがポイントです。ゆったりと深呼吸しながらリラックスした状態でマッサージをすると、自然と溜まっていたガスが抜けていきます。椅子に座って行うのも良いでしょう。腸活で健康な腸を手に入れ便秘を解消し、その気になるぽっこりお腹を撃退しましょう。