今注目のヘルシースナッキングで健康的にダイエット!食べ過ぎを防止しよう

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2019年2月9日

ヘルシースナッキングとは?

ダイエット中はストレスがたまりやすいですが、ヘルシースナッキングはストレスを感じずに簡単にダイエットができます。ヘルシースナッキングは、アメリカ発の新しい健康的なダイエット方法として今注目されています。ヘルシースナッキングは、「間食」をすることでダイエットにつなげるというダイエッターには嬉しい内容!人は、お腹が空くと食べ過ぎてしまう傾向があります。食べ過ぎてしまうと、1度の食事における摂取カロリーが高くなります。そして、血糖値も急上昇しインスリンが過剰分泌します。インスリンが過剰に分泌されてしまうと、太りやすくなります。その食べ過ぎを、ヘルシースナッキングは防止!「間食」をすることで、空腹感を感じることがなくなります。そして、1度の食事の量が減るので、摂取カロリーや血糖値の急上昇を抑える効果があります。

食べるものと食べる量は?

ヘルシースナッキングは、「間食」をすることで空腹感をなくしダイエットにつなげます。しかし、この「間食」は自分の好みの食べ物を食べるということではありません。「食物繊維」と「たんぱく質」を多く含む200カロリー以内のものを間食にすると良いでしょう。食物繊維は、便通を良くしてくれることはもちろん、血糖値の急上昇を抑えてくれるヘルシースナッキングには欠かせない存在!そして、健康的な体作りには欠かせないたんぱく質。腹持ちを良くする効果も期待できます。腹持ちが良くなるということは、1度の食事量が減り摂取カロリーや血糖値の急上昇を抑えます。ヘルシースナッキングの間食は、食べるものと食べる量を良く考えて摂取すると良いでしょう。

食べる時間帯は?

ヘルシースナッキングを行う上で大切なのが、間食をする「時間帯」。間食をする時間帯は、午後2時~3時が最適です。ヘルシースナッキングでは、たんぱく質「BMAL1(ビーマルワン)」がカギを握っています。このBMAL1は、脂肪蓄積酵素です。午後2時から3時が最も働きが弱くなります。ヘルシースナッキングは、間食をする時間帯を心がけるようにしましょう。

ヘルシースナッキングは健康維持にもつながる!

ヘルシースナッキングで行う「間食」。カロリーが低く、食物繊維とたんぱく質を多く含んでいるものを毎回選ぶことが大変と感じる人もいますよね。近年では、世の中が健康思考になってきたということもあり、カロリーの低いお菓子コーナーを設けているお店が多くなってきました。低カロリーのこんにゃくで作られたチップ系のお菓子や、栄養が豊富なドライフルーツを使用したもの等もあります。便通を良くしてくれるヨーグルトもおすすめです。忙しい毎日を送っている人には、簡単に食べれる「ナッツ」がおすすめですよ。栄養が豊富で、美容にも効果的です。ヘルシースナッキングで自分に合った「間食」を見つけて、健康的にダイエットを行いましょう。