ダイエットの頼れる味方!スープダイエットで無理なく健康的に減量!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2019年3月3日

ダイエットの強い味方「野菜スープ」

ダイエットにありがちなのが無理な食事制限による栄養不足。極端に摂取カロリーを減らすとリバウンドする心配もあります。そこでおススメなのが無理なく続けられ、ダイエットに嬉しい栄養も補える野菜スープダイエット!

野菜スープであれば、根菜類から葉物まで沢山の具材が使え、味付けは薄味でも満足できます。サラダのようにドレッシングで余分なカロリーを摂ってしまう心配もありません。特にタマネギ、セロリ、トマト、ニンジン、ピーマンなどは脂肪燃焼効果や抗酸化作用を促進する成分が含まれているので、スープの具材に使用すればダイエットの強い味方となります。

温かいスープが冷え予防や便秘解消効果につながる⁉

女性に多い体の冷え、冬はもちろんのこと夏場もエアコンなどの影響で体の冷えを感じている人は多いのではないでしょうか。体の冷えは基礎代謝の低下や皮下脂肪を貯め込みやすくなるため、ダイエットには大敵!そんな冷えを解消するのに温かいスープは有効、温かいスープを飲むことで、胃腸などの内臓が温められ、血流が良くなり脂肪が燃えやすくなります。また、野菜には食物繊維が豊富に含まれているので、ダイエットにより起きがちな便秘の解消も期待できます。更に、食物繊維は血糖値の上昇を抑える働きがあるのでダイエットだけではなく健康にも良い体に嬉しい食べ物です。

上手に野菜スープを取り入れて、ダイエットをサポート

健康的でダイエットには効果的な野菜スープですが、それだけを食べていては栄養に偏りが出て、摂取カロリーも低すぎてしまいます。そこで、リバウンドせずに長くダイエットを続けるための、野菜スープの効果的な取り入れ方をご紹介します。

まずは、遅い時間の夕食や朝・昼と食べ過ぎてしまった日の夕食。このような時の夕食は野菜スープのみにしておくと良いでしょう。

次は、間食をしたくなった時。ダイエット中は何かと物足りなく感じ、間食をしてしまいたくなりますよね、そんな時は、お菓子の代わりに満腹感の高いスープを取り入れてみましょう。どうですか?これならば無理なく続けられそうですね。

手間なく続けるために、賢い冷凍保存がおススメ

ダイエットの強い味方となる野菜スープですが、残業などで深夜遅くに帰宅してからの調理は大変です。長く続けるためには、調理の手間は少しでも省くべき!そこでおススメなのが冷凍保存。野菜は一口サイズに切り、1食分に分けて冷凍庫に入れておきましょう。キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、トマト、ピーマンなどは生のままで冷凍保存が可能ですが、ブロッコリーや大根、ホウレン草、ジャガイモなどは、冷凍する前に加熱などの下処理が必要なので注意しましょう。

小分けに冷凍保存しておけば毎回カットする手間も省け、その都度味も変えられるので飽きずに長く続けられそうですね。