カロリーより糖質が要!しっかり食べて痩せられる糖質制限ダイエットとは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

そもそも「糖質」って何?

「糖質オフ」「糖質カット」と表記された食品がスーパーやコンビニなどで多数販売されていますが、そもそも「糖質」って何かご存知ですか?


お米やパン、麺類などの主食である炭水化物は、糖質食物繊維が合わさったものです。つまり糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたものともいえます。糖質は私たちが活動するために必要なエネルギー源となる成分で、不足すると疲れを感じたり、集中力が落ちてボーっとしてしまったりすることがあります。ただ、糖質は摂り過ぎてしまうと中性脂肪として蓄えられてしまうので、ダイエットには注意が必要な成分なのです。

糖質制限で痩せられるメカニズムとは?

糖質制限をすることで痩せられるメカニズムを理解するために、糖質が太る原因となる仕組みについて知っておきましょう。「炭水化物を摂りすぎると太る」とよく言われますが、これは炭水化物に含まれる糖質を多く摂取してしまうから。私たちの体は糖質を多量に摂ると血糖値が急激に上昇し、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。このインスリンは、余分に摂り過ぎた糖質を中性脂肪に蓄えてしまう作用があるのです。そこで考えられたのが糖質制限。糖質を制限すれば血糖値の急激な上昇も抑えられ、脂肪の付きにくい体になるということ!確かにダイエットに最適な方法ですね。

糖質制限ダイエットにおススメの食材

糖質制限ダイエットを始めるのに、糖質が少ない食材を把握しておきましょう。

まずは肉類から。ダイエットに肉は大敵というイメージですが、実は肉類は糖質が少ない食材の一つ、特に鶏肉にはほとんど糖質が含まれていません。次は野菜類。キャベツやレタス、ブロッコリー、大豆もやし、白菜などがおススメです。野菜であっても、じゃがいもやさつまいも、かぼちゃやゴボウなど根菜類は糖質の多い食材なので気を付けましょう。他にも魚類やナチュラルチーズなどの乳製品も糖質の少ないものはたくさんあります。糖質の少ない物をしっかり食べられるのであれば、長くダイエットが続けられそうですね。

間違えやすい糖質を多く含む食材

低カロリーでダイエットによく使われる食材にも実は糖質が高いものがあります。そこで、糖質ダイエットで意外と間違えやすい食材をご紹介します。

まずは、切り干し大根や春雨。これらは低カロリーなのですが、実はこれらは糖質が多く含まれていて、糖質ダイエットには不向きな食材。低カロリーだからと食べ過ぎには注意しましょう。次は、トマトジュースや野菜ジュース。これらは健康的な飲み物のように感じますが、トマトジュースはトマト自体に糖質が多く、野菜ジュースは、果物類やお砂糖が含まれていることが多いので糖質ダイエット中には避けたほうが良いでしょう。