正しく体脂肪をキープしてヘルシーな体を手に入れよう

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 食事

2017年9月23日

体脂肪は体に必要なもの

体脂肪と聞くと落とさなければならないと自然に考えてしまいがちですが、体脂肪は健康的な生活を送る上で必要不可欠なもの。きちんと体脂肪率を管理し、理想的なボディーラインを目指す為には体脂肪の必要性と、日頃の管理や付き合い方を知っておくことが大切です。特に内臓脂肪と呼ばれるものは、付きやすく落ちにくいというなんとも厄介な存在で、高血圧や脂質異常などに繋がることもあるので特に注意したい存在。しかし、体脂肪を恐れる必要はありません。理想体脂肪率をキープできれば良いので、まずは自分の体脂肪をチェックすることから始めましょう。

始めの一歩、体脂肪をチェックしてみよう

最近では体重だけでなく、体脂肪も同時にチェックできる体重計が安価に販売されています。体脂肪を測る術がない方はまず購入してみましょう。成人女性で30%、男性で25%が基準となっており、それを超えてしまうと体脂肪の量が多いということになります。会社の健康診断などでも体脂肪率がよく数字化されていますのでチェックすると良いでしょう。やせ形とされる人でも意外と体脂肪率が高かったりすることがあり、【隠れ肥満】などと呼ばれています。皮下脂肪型、内臓脂肪型などがあり、健康の為にもとにかく撃退したいところです。

体脂肪が高めなら落とす事をおススメします

体脂肪率が高めならなるべく落とす方向にもっていきましょう。理想の体脂肪率をキープできれば、ダイエットだけではなく生活習慣病を遠ざけたりすることもできます。まずは普段の食生活からチェックしましょう。揚げ物や高カロリー食が多い生活をしていると太りやすくもなるもの。魚や野菜、豆類や海藻など、1日になるべく多くの品目を摂ることを心がけることで、1点集中型の脂肪が付きやすい生活を変えることができます。忙しくても大丈夫、コンビニやスーパーでもなるべく多くの品目を使ったヘルシーなお惣菜やお弁当が多く売られています。

食生活を整えたら有酸素運動を

食生活を整えつつ、しっかりと体脂肪率を落としていくには有酸素運動が必要不可欠です。積極的にウォーキングやジョギングを行うことで体脂肪率を下げる事ができます。健康促進と同時にダイエットも行う事ができますので嬉しい限りですね。内臓脂肪はなかなか落としにくいとされていますので、運動を始めてもすぐに数字が下がらないことも多いかと思います。それでも諦めないで続けることが大切です。有酸素運動は慣れないと辛いもの。いきなり長距離を走ると続かないので、無理のない距離から少しずつ距離を伸ばしていくのがコツです。