安全な炭水化物ダイエットをしよう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年9月30日

炭水化物ダイエットとは?

「炭水化物を抜くダイエット」と「低炭水化物ダイエット」。似たイメージを持たれやすく、同じであると紹介してしまうサイトも存在しますが、実は異なる方法です。「炭水化物を抜くダイエット」は、食事から全部炭水化物を抜いてしまう方法です。素早い効果が期待され、有名な美容師がこれで体重を減らしたと公言しました。しかしこの方法は偏りが出てしまうため、現在は推奨されていません。「低炭水化物ダイエット」は、食事の中の炭水化物を減らすか、三食のうち一食のみ炭水化物を抜く方法とされています。こちらのほうが安全性が高いのです。

お肉を過剰に食べないように!

炭水化物を少なくすることでダイエットができると好評ではありますが、そのぶん肉を多く食べても良いと思い込んでしまう人もいます。しかし、過剰に肉を摂取すると、今度はコレステロールが上がり、副作用として高血圧などの生活習慣病にかかりやすくなるのです。せっかくダイエットをして健康を目指しているのに、逆効果になっては悲しいですよね。「低炭水化物ダイエット」とはいえ、他の食物の過剰摂取はあまり良い行為ではありません。食事の際は青菜、魚、大豆製品などを組み入れて、バランスを心がけましょう。

主食以外にも含まれている炭水化物について

「お米やパスタを控えているのに体重がなかなか減らない!」と悩んでいる人もいます。しかし、炭水化物は、主食となるお米やパスタ、パン以外にも含まれているので注意しましょう。例えば低カロリーとされる「春雨」ですが、この中にも多くの炭水化物があります。そしてさつまいもや山芋などの「いも類」も高い炭水化物を含んでいます。「豆類」も同じく。

主食を控えているかわりに、いも類やお豆で代用してしまうと、高い数値の炭水化物を採っていることになります。なかなか痩せない人は、ここで間違えてしまっていることが多いのです。

焦らずにストレスの無いペースをつかんで

強く炭水化物を減らすと、脳へ行くはずの糖分が減って、イライラしたり強い空腹感を感じることもあります。この場合、一口だけハイカカオのビターチョコを食べるのも有効です。素早く糖分が脳に届き、イライラと空腹感を抑えることができると言われています。ダイエットをしているのに、なぜかうまくいかないと悩む人は、ゆっくり自分と向き合いましょう。そして焦らずに炭水化物についての知識を得ましょう。体調や健康状態を見ながら減量するのがベストです。心を温めるような、美しさと優しさを持つダイエットを目指しましょうね!