ロカボに必要な標語「まごわやさしい」覚えてみて!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年10月1日

シンプルに覚えたいロカボの基本

ロカボダイエットとは、炭水化物を控えて体重を減らす方法です。お米やパン、パスタなどの主食を減らし、代わりにタンパク質やミネラルを摂取しましょう、というダイエット。ここ数年のダイエット方法の中ではメジャー化しつつあるものです。しかしいくつかのルールが存在し「記憶するだけでたいへんそう」とおっくうになってしまう人もいます。しかし、簡単な標語を覚えるだけで、シンプルにルールを暗記することが可能です。それは「まごわやさしい」という標語!必要な食べ物の最初の一文字を並べただけではありますが、濃縮された情報です。

最初の三文字「まごわ」について

まず「まごわやさしい」の最初に来る「ま」ですが、これは「豆類(豆腐、納豆などの大豆製品を含む)」を略したものです。タンパク質やミネラルが豊富に含まれ、かつ栄養があります。次に来る「ご」ですが、これは「ごま(アーモンド、ピーナツ、くるみなどを含む)」を略したものです。食物繊維が豊富で、さらに老いの原因となる活性酸素を防ぐ効果が期待されます。過労による肥満を防ぎたい人におすすめです。その次に来る「わ」ですが「わかめ(またはひじき、昆布、もずくなどを含む)」を略したものです。海藻類はミネラルが豊富です。

そして「やさしい」について

続く「や」ですが、もちろん「野菜」の略です。緑黄色野菜と淡色野菜の比率は1対2の割合がベスト。加熱時間を抑えることがポイントです。そして「さ」は「魚」の略です。青魚を多めに取り入れることが推奨されています。血中のコレステロールを減らし、疲れをとるのに最適です。さらに「し」は「しいたけ(キノコ類)」の略です。キノコ類は低カロリーかつ食物繊維が豊富で、お通じを良くする良い作用があります。最後の「い」は「いも(サツマイモ、ジャガイモなどのイモ類)の略です。適度に根菜を採ることで、バランス良く食事を整えましょう。

複雑に考えないことが長続きの秘訣!

ダイエットはゆるやかな長期戦だと決意しましょう。そこで味方になる「まごわやさしい」です!学生時代、暗記モノが覚えにくいときは、略語を作ってテストに挑んだ人は多いでしょう。ダイエットも試験問題のようなものだと思えば、学んでおくことがいくつかあるのだろうなと気持ちも切り替えられますね。もちろんラクな方法はいくつか提案されますが、やはり自分で納得して挑戦したほうが良い結果につながりやすいものです。学ぶことに苦手意識を持つより、適度に覚えられる程度の知識を心がけておけば、モチベーションも下がりにくくなります。