ゆるい糖質制限でダイエットをストレスフリーに!今大注目のロカボとは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年10月2日

食欲のストレスに別れを告げよう

最近雑誌やテレビなどで話題となっているロカボダイエット。耳慣れないかもしれませんが、簡単に言えば糖質制限を用いたダイエット法のことです。糖質制限と聞くと白米やパンなどを全く摂らない、辛いイメージを持たれる方が多いと思います。しかしロカボは炭水化物の摂り方をコントロールするダイエットなので、ほとんどの方がストレスを感じず理想体重の目標値へと近付くことができます。これからストレスフリーなロカボダイエットの全貌を大公開するので、ぜひともあなたのダイエットメニューに加えてその効果を実感してくださいね。

ロカボは血糖値の上昇をおだやかにする

ロカボダイエットを開始する前に、まずは糖質制限が人間の体にどんな影響を及ぼすのかを正しく理解してください。私たちの体内には血液が絶えず循環していますが、炭水化物(糖質)を摂ることにより血液内のブドウ糖、いわゆる血糖値が上昇します。同時に血糖値を下げるべくインスリンが大量に分泌されますが、血液内の糖分を体の組織に分配することで体内に脂肪として蓄えられてしまうのです。ご存知かもしれませんが、血糖値を上昇させる食品は上記で述べた炭水化物がメイン。炭水化物の摂取を少量にし、血糖値の上昇をおだやかにすることがロカボダイエットの目的です。

糖質の量に気をつければおやつもOK!

ロカボダイエットは糖質の量をコントロールすることが重要になります。一日の炭水化物や糖質の摂取量を130g以下に制限してください。朝昼晩の食事は各40g、おやつは10g以下であれば摂取OKです。ここで注意して頂きたいのが、炭水化物以外の食品も考慮すること。肉や魚介類、卵にも糖質は含まれています。低糖質な食品を例にすると、肉類だと鶏肉や豚肉、魚介類では鮭やアジがオススメです。腹持ちの良い卵の糖質は1個0.2g。小腹が空いた時に口にすれば空腹感も和らぎます。糖質は調味料にも含まれているので、味付けは塩やこしょうを用いるようにしましょう。

食べ順ダイエットと組み合わせれば効果倍増!

炭水化物を嫌悪するダイエッターとしては、ロカボという糖質制限に不安や物足りなさを感じるかもしれません。そこで+αの食べ順ダイエットを用いて、血糖値への不安を取り除きましょう!この方法はいたってシンプル。食事の際野菜や汁物から食べ、次におかず、最後にご飯と順番を決めて食べるだけです。血糖値コントロールのタブーは最初に炭水化物を摂ってしまうこと。まずは野菜やおかずを口にすれば、血糖値の上昇をおだやかにしつつ噛む回数も多くなるので、自然と満腹感を感じることができます。血糖値の問題と食べ過ぎを防止できる、一石二鳥のダイエット法です。