ダイエットに効果的なカロリーコントロールの方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

食事

2017年10月2日

1日のカロリーの摂取目安はどのくらい

ダイエットには食事のカロリー計算が欠かせません。でもカロリーの管理は面倒臭いし、カロリーの知識がないからと、あまり気に留めずに食事をしている人が多いのも事実です。口にするものを全てカロリー管理する必要はありませんが、カロリーの知識を少しだけ身につけて、日々のダイエットに生かしましょう。1日のカロリーの目安は年齢や身長、生活習慣で違ってきますが男性は2600kal、女性は2000kalが目安です。1食分なら男性は850kal、女性なら650kalくらいが目安になります。ぜひ毎食のカロリーを意識して、食品や料理のカロリーをチェックしてみてください。

自分に合った食事方法で1日の摂取カロリーを意識

カロリーのコントロールができれば、自然と体重のコントロールもできるようになります。コンビニご飯や食品、お菓子、ファミリーレストランの食事にはカロリーが記載されています。メニューを選ぶ時の参考にしながら、揚げ物や脂質が多い、カロリーが高いメニューも覚えておいて今後の参考にしてみましょう。朝、昼、夕食の合計カロリーが1日のカロリー目安量におさまるように、偏って食べ過ぎた分は次のご飯で控えめに調整するようにしましょう。1食に偏ると血糖値の上昇や体重の増加がしやすくなるのでなるべく3食を均等に食べるのが理想です。

3大栄養素を含めたカロリー計算を

食事はタンパク質や脂質、炭水化物の3大栄養素のバランスがあって健康な体を作ります。例えばメロンパンは1個400kalですがおにぎりは1個200kalです。パンにはバターが含まれているので、脂質と炭水化物を含んで高カロリーになります。おにぎり2個でお味噌汁をつけても1食分の理想カロリーに届きますが、パンは2つ食べると超えてしまいます。パンだけでは栄養が偏るのでスープかサラダなどの食物繊維をプラスしたいところ。食べたいものを我慢することはありませんが、カロリーを配慮して量やバランスを調整しながら、満足する食事を選ぶのが、カロリーコントロールです。

お菓子やお酒は工夫しながら楽しむ

甘いものやお酒が好きな人にとっては、太ると分かっていても日々の楽しみをストップすると、かえってストレスになります。そんな時はお菓子やお酒のカロリーをチェックしながら、量や種類を調整してみましょう。お菓子なら低カロリーのお菓子もありますし、食べる量を半分に減らす工夫も大切です。お酒なら糖質ゼロの蒸留酒である、ウイスキーや焼酎を選ぶのもひとつの方法ですが、好みが分かれるので好きなお酒の飲む量を減らしましょう。また、脂っこいおつまみには高カロリーのものが多いので、おつまみの量にも気をつけましょう。